ECサイト界の激安の殿堂!?「AliExpress」を賢く安全に買い物をしよう

アプリ

いつもお世話になっているECサイトといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングですが、今回はもう一つの選択肢、AliExpressについて書いてみたいと思います。

結論、前述の大手3サイトと肩を並べメイン足り得るかというと個人的な答えはノーです(理由はのちほど)。

しかし選択肢としてAliExpressを加えることでネットショッピングの幅は大きく広がり、より買い物を楽しめるようになると思います。

これまで僕が実際に利用してきて分かった良い点や悪い点を具体例も含め紹介します。

AliExpress Shopping App

AliExpress Shopping App
開発元:Alibaba
無料
posted withアプリーチ

 

AliExpressで安全に買い物を楽しむ

ECサイトで買い物を楽しむためには安全性も重要ですよね!
画像引用元:photoAC

AilExpressは中国随一のeコマース企業「アリババ グループ」が運営する巨大ECサイトで、中国版のAmazonと想像頂ければいいと思います。

「え?中国のサイトって大丈夫なの?」と考える方もいると思いますが、少なくとも僕がこれまで利用してきた中では大きなトラブル経験はありません。

絶対に安全とは言い切れないまでも、最低限以下の点に気をつければ不安は最小限で買い物を楽しめるはずです。

・支払いはプリペイドカードで
・評価の低いor少ないストアでは買わない
・購入者の口コミを確認
・最初は高額な商品を避ける

 

支払いはプリペイドカードかデビットカードで

現在、僕は通常のクレジットカードで購入していますが、心配であれば最初は事前に使用できる金額を決められるVプリカなどのプリペイドカードを使うと安心感は増します。

デビットカードも支払い時に即通知されるため、万一の不正利用の際も即時に対応できる点はクレカより安心と言えるかも知れません。

普及か進む電子マネーが使えるとより便利で安心なのですが、2021年1月現在日本からの利用はできないようです。

 

評価の低いor少ないセラーでは買わない

原則としてAilExpressの運営自体はかなりしっかりしていると感じますが、セラー(ストア)の大小や信頼性はこちらからでは把握のしようがない部分です。

「いつまでも商品が届かない」「商品状態がひどかった」等のトラブル防止のため、極端に取引数が少ない場合や評価の低いセラーは避けた方がよいと思います。

 

購入者の口コミを確認する

実際にその商品を購入したユーザーからの評価、口コミは大変参考になります(ほぼ英語ですがたまに怪しい日本語に翻訳されている場合もあります)。

実は評価のほとんどは星5つ(5点満点)のためあまり当てになりませんが、各ユーザーのレビューや投稿写真に関しては実際の商品のイメージがしやすく「画像とまったく違う商品が届く」ような危険性は回避できると思います。

尚、各商品のトップ画像はメーカー製品の画像の使い回しが多いため掲載写真は全て確認することもポイントです。

review
購入者のレビューはトラブル防止の第一歩です

最初は高額な商品を避ける

僕がAliExpressで利用する商品の購入金額はおおよそ数百円〜5,000円のものがほとんどです。

理由としては高額商品の場合の保証面が不安なのと、関税がかかる場合があるのが主な理由ですが、実は低価格商品帯こそ他のECサイトと価格差が出ることが多いというのもポイントです(日本国内のECサイトで1,000円くらいで販売している商品が100〜200円で手に入るケースも多いです)。

また特にDCブランド商品などはコピー品の可能性も捨てきれないため、まずは万一のときにも諦めがつく金額から始めるのが良いかと思います。

 

購入方法について

サイトやアプリはしっかり日本語にも対応しており、UIも楽天市場やYahoo!ショッピングの感覚に近いため、初めてでも戸惑うことは少ないと思います。

AliExpressの場合「発送元の国」の選択が可能(価格や納期が違う)ですが、ほとんどの商品はもともと中国からの発送以外選択できない場合が多いので特に気にすることはないです。

アプリのイメージと購入までの流れが分かる動画を作成してみたので参考まで。

AliExpressのおすすめ出来るポイント

・価格が安く品揃えがすごい
・しっかり統治されている
・クーポンでもっとお得に
・セール価格が事前に分かる

価格が安く品揃えがすごい

AliExpressを使う一番のメリットはやはりその低価格ぶりです。細かな部品やアクセサリーであれば数十円の商品を1点から送料込みで買えます(どう利益を確保しているのか不思議)。商品も多い品揃えも半端ないです。

 

しっかり統治されている

AliExpressはメーカーによりしっかり統治されている印象です。例えば「購入後の発送」「配達状況」「受け取り確認」まできちんと追うことができ、心配であれば都度セラーに問い合わせることも可能です。

また「75日バイヤープロテクション」という返金保証サービスがあり納期遅延時や説明通りの商品が届かなかった場合、発送から75日間は払い戻し受けることが出来ます(別途、申請は必要です)。

最終手段としてAliExpressが裁定する「Open Dispute(紛争)」を行うことも可能です。ただし、通常はセラーへの問い合わせのみで即返金や再発送が行われるため、紛争まで発展するケースはほぼないと思います。

 

delivery
配送状況については随時更新されます

また多くのセラーで購入金額に応じた値引きクーポンが設定されているのですが、商品購入前に商品についてセラーに相談すると別途、追加の割引クーポンを発行して貰えることもあります。

 

クーポンでもっとお得に

クーポンについてはセラーが独自で自由に設定できるようです。

以前、カメラ用スタビライザーを購入する際、新品より5千円ほど安い開封品があり「商品状態や保証について」セラーに問い合わせをしたところ迷ってるなら30ドルの割引クーポンあげるから新品買いなよ!と思いがけず追加クーポンを発行してくれました。

日本国内のECサイトでは値切るようなことは出来ないと思うので少しびっくりした体験でした(別に値切る気はなかったのですが)。

message
購入前でもセラーに直接問い合わせが可能です

セール価格が事前に分かる

セール情報が事前にわかるので買い時を逃しにくいです
画像引用元:photoAC

AliExpressでは毎年11月11日の「独身の日」のビッグセールを始め、定期的にセールを開催しておりいつも以上に安く商品の購入が可能です。

事前にセール価格が表示されるため買い時を把握しやすい点もポイントが高いです。

 

AliExpressの残念なところ

・到着まで時間がかかる
・やりとりは基本英語
・掲載写真と違うことがある
・別途関税がかかる場合がある

到着まで時間がかかる

AliExpressの最大の欠点は到着まで非常に時間がかかることです。早くて10日〜2週間、商品によっては30−50日の記載もあり気長に待つ必要があります(経験上では2週間程度で届くことが多いです)のですぐに必要な商品は買えません。

僕は「無くても困らないがあっても良い」くらいの印象の商品を購入することが多いです。到着まで平常心で待てる程度の欲しいものを買うのがおすすめです。

 

やりとりは基本英語

サイトやアプリ自体と大まかな商品説明は日本語に対応していますが、各商品の詳細やセラーとのやりとりは原則英語となります。英語が堪能でない場合は翻訳アプリとの併用となると思うので少々面倒くさいかも知れません。

 

掲載写真と違うことがある

先ほども少し触れましたが、メーカー製品の画像流用や使い回しが多いため、掲載写真、特にトップ画像は当てにならなりません

少なくとも掲載してある写真は全て確認し、商品説明も日本国内の企画適合や法令上問題ないかなど最低限の確認も必要です(特にコンセントに繋ぐアクセサリーなどは日本の規格と違ったりPSE(電気用品安全法)上問題となる場合が多いです)。

セラー側の明らかな過失の場合は返金や対応を求められますが、面倒なので出来るだけ事前に確認しておいた方がいいと思います。

 

別途関税がかかる場合がある

海外から商品を購入する際は購入した国、価格、用途に応じた額の関税が発生します。

具体的には「16,667円以上の商品が課税対象となる」のですが、超えた場合にも必ずしも別途関税が必要となるわけではありません。※正確には同梱商品の合計額

どうやら税関チェックの際にスルーされたものは請求されないようです(実際、先のスタビライザー購入の際に別途関税の請求は発生しませんでした)。

尚、当然ですが商品自体がコピー品と判断されたり輸入規制品(化粧品の含有成分等)であれば、ほぼ税関で止められ受け取り出来ませんので注意して下さい。

 

最近AliExpressで購入したもの

・Apple Watchのバンド(¥171)
・USB-C to A11変換アダプタ(¥241)
・GoPro用三脚マウント(¥229)
・PCコネクタカバー(¥63)
・一眼レフカメラ用スタビライザー(¥20,972)
・iPhone12mini用シリコンケース(¥377)
・ケーブルオーガナイザー(¥191)
・自転車用LEDフロントライト(¥301)
・非接触赤外線体温計(¥695)

上記の通りスタビライザーを除けばほぼ1,000円未満ですが、実は全て国内のECサイトでも販売されている商品です。

並べてみると価格の安さはイメージして頂けたと思います(但し、自転車用LEDライトは全く違う商品が到着したため返金して貰いましたが)。

 

まとめ

最近、配送先について日本語でも応出可能になりました。今後も日本の利用客が増えるとより日本人にも使いやすい改善がされていくかも知れませんね!

海外サイトということで、若干安全性(特にセキュリティ面)に不安がある方もいると思いますが、興味がある方は当レビューを参考にまずは数百円程度から始めてみてください。

僕自身のスタメン(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)は今後も変わることはないと思いますが、これからも第4の選択肢としてAliExpressを活用していきたいと思います!

カナちひ

カナちひ

好きなものは写真、登山、自転車、街歩き、昼寝です。多趣味な反面少し飽きっぽいのが玉に瑕。大好きなガジェットのレビューなど徒然にまかせてここに綴ります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP