評判はいまいち!?アイリスオーヤマ「LUCA Note PC」を本気でチェック

ガジェット

発売前からそのスペックと価格についてSNSで物議を醸していたアイリスオーヤマ初のノートPC「LUCA(ルカ) Note PC」ですが、蓋を開けてみると発売当日に売り切れと好調なスタートのようです。

前評判としてはかなりの酷評でTwitterで少し拾ってみても以下のように否定的なコメントで溢れていましたが実際のところどうなんでしょう。

確かにメモリ4GB、ストレージ64GBは今のノートPCのスペックとしては少し頼りなく、5万円という価格を考えてももっとコスパのいいPCが沢山ありそうではあります。

しかし新規参入の難しい家電業界において、僅か10年で今の地位を確立した総合家電メーカーのアイリオーヤマが売れない商品を作る訳がないと思いますし、事実発売当日に売り切れているのには何か理由があるはず!

ということで「LUCA Note PC」について先入観に囚われず僕なりに本気でチェックしてみたので実際のところどうなのか紹介します。(結論から先に見たい方はこちらから)

|PR|アイリスオーヤマのエアコン「air will(エアウィル)」のレビューはこちら

「LUCA Note PC」のスペックと活用シーンの考察

まずアイリスオーヤマの「LUCA Note PC」のニュースリリースを見てみましょう。

つまり想定されるニーズとしては①文部科学省のGIGAスクール構想に対応した小学生から高校生までの「学習用端末としての活用」と、②コロナ禍のニューノーマルな生活様式に於ける「テレワークやオンライン会議などへの使用」です。

まずはカタログスペックを確認ながら、コンセプトにある活用シーンを想定してみたいと思います。

製品名LUCA Note PC
品番IPC-AA1401-HM
画像
OSWindows 10 Pro 64bit
ディスプレイ14インチ フルHD (1920×1080)
CPUインテル® Celeron®プロセッサーNシリーズ Gemini Lake 4コア 1.1GHz
メモリLPDDR4 4GB
ストレージeMMC 64G
無線LANIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
通信Bluetooth®4.2
インターフェイスUSB3.2 Gen1 Type-A×2 Type-C×1/miniHDMI×1(HDMI 2.0対応)/
3.5mmオーディオジャック×1/microSDカードスロット×1
カメラ/マイク/スピーカーインカメラ:100万画素/内蔵マイク/ 8Ω 1Wx2内蔵
製品サイズ(mm)約W323.15×D219.4×H19.3( 突起部除く)
重量約1.3㎏
付属品電源ケーブル、ACアダプター、取扱説明書、保証書、
WPS Office 2 ダウンロード版 Standard Edition
参考価格(税抜)49,800円
発売日2021年3月25日
引用元:アイリスオーヤマ「LUCA Note PC」スペック表

別途、AIチャットbotによる24時間365日のサポートも付帯しており、初めてのPC購入という人にも安心のサービスです。

 

子供の学習用端末としての活用

画像引用元:photoAC

文部科学省GIGAスクール構想におけるWindowsでの標準スペックと「LUCA Note PC」比較してみました。

GIGAスクール構想標準スペック(Windowsの場合)LUCA
OSMicrosoft Windows 10 Pro
CPUIntel Celeron 同等以上
(2016年8月以降に製品化されたもの)
Celeron
4コア
ストレージ64GB64GB
メモリ4GB4GB
モニタ9~14インチ(タッチパネル対応)14インチ
無線LANIEEE 802.11a /b /g /n /ac以上|LTE通信対応も可
キーボードBluetooth接続でないハードウェアキーボード
音声接続端子マイク・ヘッドフォン端子
外部接続端子1つ以上4つ
バッテリー8時間以上9時間
重量1.5kg未満1.3kg
カメラインカメラ|アウトカメラインカメラ
引用元:文部科学省「GIGAスクール構想について」

はい、見事に標準スペック通りです。そういう意味ではアイリスオーヤマに落ち度はありません。(そもそも標準スペック以下でも別に落ち度はないのですが)

むしろGIGAスクール構想の標準スペックの低さが改めて気になりました。

文科省が掲げる「GIGAスクール構想」のテーマ
1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援 を必要とする子供を含め、多様な子供たちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化さ れ、資質・能力が一層確実に育成できる教育 環境を実現する
これまでの我が国の教育実践と最先端の のベストミックスを図ることにより、教師・児童生 徒の力を最大限に引き出す 

「教師・児童生徒の力を最大限引き出す」前にPCのスペックが先に限界を迎えそうです。

ただ、標準OSに「Windows 10 Pro」を搭載しており、PC間でのデータやファイルの共有やセキュリティ面の機能が高いのでグループワークなどには向いていそうです。

 

テレワークやオンライン会議などへの使用

画像引用元:photoAC

僕がこの1年間実際にテレワークをしてきて必要だと感じたのはネットワークの安定性と多少のカメラ性能くらいでしたので「LUCA Note PC」は問題なく使えるレベルだと思います。

通信に関しても無線LANの規格(Wi-Fi5)も、Bluetooth®4.2も最新とはいかないまでもオンライン会議程度であれば必要十分なはず。

またこの価格帯のPCには珍しくOfficeがプリインストールされています。WindowsではなくWPS(旧 KINGSOFT)Officeなのがちょっと残念ですが、高い互換性やコピーと言っても過言では無いUIで問題なく使えると思います。

ただストレージ容量が少ない点はやはりネックでしょうか。扱うデータ量によってはオンラインストレージやSDカードの準備が必要です。

 

実用性という意味で明らかにキビしそうな点

画像引用元:photoAC

ここからは「LUCA Note PC」の実用的に厳しそうな仕様を見ていきたいと思います。

・メモリ4GBは明らかにギリギリ
・ストレージ64GBは容量不足
・「Celeron」のCPUはどうなの?

 

メモリ4GBは明らかにギリギリ

まずはメモリですが、「Windows 10 Pro 64bit」の基本動作要件では「最低2GB以上」となっていますが、快適な使用を考えるとメモリ4GBは明らかにギリギリです。

実際には他のアプリケーションも動かす訳ですから本来8GBはあってもいいくらいです。

今時、もっと低価格のノートPCで「Windows 10 home」でも8GB以上が一般的ですから、否定的な意見が多いのも仕方ありません。

ちなみにアイリスコールで確認したところメモリの空きスロットはなく換装も不可との回答でした・・・

 

ストレージ64GBは容量不足

画像引用元:photoAC

「LUCA Note PC」ではSSDよりもコンパクトで省電力の「eMMC」というストレージを使っていますがコンパクトで商品電力が少ない反面、速度はSSDより劣ります。また容量的も64GBしかないのは少なすぎです。

ここでも「Windows 10 Pro 64bit」が問題になってきますが、このOS自体が 「32GB以上の空き容量」を必要としているので、実際に使える保存領域は約半分の32GBと想定されます。

写真や動画の保存、新たなアプリケーションのインストールする場合などはもちろん、そもそもWindows10のアップデートの際の容量は足りるのか少し心配です。

一応、背面から容易に「M.2 SATA SSD(容量512GBまで)」の増設は可能ですので別途費用を払うことで解決は出来ます。(OSのブート(起動)まで出来るかは不明です)

▷外付けSSDでもOKなら安価でコンパクトなこの商品がオススメ!

「Celeron」のCPUはどうなの?

SNSではよくCPCが「Celeron」という点を叩くコメントも多いですが、「LUCA Note PC」のCPUはCeleron(セレロン)の「Gemini Lake 4コア」とはそのスペックから「Celeron N4100」と想定されます。

「Celeron N4100」と現行の廉価ノートPCでよく使われている「Core i3 1005G1」などと比較するとベンチマークスコアは半数以下とやはり低スペックです。

とはいえ4コアですし、画像や動画編集など重たい作業をしない前提であれば大きな問題ではない気がします。

 

「LUCA Note PC」はどういう人に向いているのか

では逆にどんな人に向いているPCなのか見ていきましょう。

・用途がテレワーク用や学習用に限定される人
・データの保存先はオンラインストレージやSDカードで充分な人
・Windows 10 Proを使いたい人

▷アイリスオーヤマ「 LUCA Note PC」特設サイトをチェック

 

用途がテレワーク用や学習用に限定される人

活用シーンの考察で触れた通りスペック的に余裕とはいえませんが、学習用・テレワーク用としては普通に活用出来そうです。

モバイルPCとしては14インチフルHD(1920×1080)モニターは充分ですし、重さも1.3kgとサイズを考えると少し軽めで持ち運びも問題なさそう。

駆動時間も9時間あれば出先でバッテリー上りになることは少ないはずです。

別にメインのPCがあり、サブ機は「必要最低限で充分」と割り切れるのであれば使用上の問題はなさそうです。

 

データの保存先はオンラインストレージやSDカードで充分な人

ここまでストレージについて何度か触れましたが、「LUCA Note PC」にはmicroSDスロットが標準装備されており、SDカードとオンラインストレージを合わせればストレージ不足の問題はかなり軽減します。

USBやHDMIなども接続可能で拡張性は確保されています

もともとその前提で「Windows 10 Pro」を採用し、ストレージを最小限としているのかも知れません。自宅のWi-Fiを使うのであれば通信コストを考える必要もないですしね。(出先は?)

 

Windows 10 Proを使いたい人

「LUCA Note PC」の標準OS「Windows 10 Pro」は「Windows 10 home」と比較してセキュリティ性能が高く企業やビジネスでの使用を想定した以下の機能が搭載されています。

①「リモートデスクトップ機能」
・他のPCやスマホでの遠隔操作機能
②「グループポリシーの管理機能」
・コントロールパネルや指定ソフトの起動禁止などの制限機能
③「BitLocker機能」
・ドライブの暗号化
④「キオスクモード」
・特定の操作に限定させる操作制限機能
⑤「Hyper-V」
・ハードウェアの仮想化機能

上記の通り一般使用での必要性はともかく、「Windows 10 home」からのアップグレードには約14,000円ほどかかるので需要があれば最初から「Pro」が搭載されている「LUCA Note PC」を選ぶ価値はあるかも知れません。

 

他社競合品とのスペック比較

最後に同価格帯14インチノートPCの他社競合品とのスペック比較です。

先に結論からお伝えしておくとスペックと価格で比較するならやはり「LUCA Note PC」より他社品の方が優位と言わざるを得ません。(図では優勢な項目に色付けしています)

アイリスオーヤマ
LUCA None PC
DELL
Vostro 14 3000
HP
14s-dk1000
ASUS
VivoBook 14 M413DA
ドンキホーテMUGA3
OSWindows 10 Pro 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
ディスプレイ14インチ フルHD (1920×1080)14インチ フルHD (1920×1080)14インチ フルHD (1920×1080)14インチ フルHD (1920×1080)14.1インチ フルHD (1920×1080)
CPUCeleron N
4コア 
Ryzen 5 3500U
4コア
Ryzen 3 3250U
2コア
Ryzen 3 3250U
2コア
Celeron N3350 2コア
メモリLPDDR4 4GBLPDDR4 8GBLPDDR4 8GBLPDDR4 8GBLPDDR4 4GB
ストレージeMMC 64GBM.2 SSD 512GBM.2 SSD 256GBSSD
256GB
eMMC 64GB
インターフェイスUSB3.2 Gen1
Type-A×2
Type-C×1
miniHDMI

microSDスロット
HDMI
USB3.2 Gen1x2
USB2.0
SDスロット
HDMI
USB3.1
USB3.0 Gen1x2
Type-C×1
SDスロット
HDMIx1
USB3.1
USB3.0 Gen1
Type-Ax1
Type-Cx1

microSDスロット
USB3.0
TYPE-A x2
miniHDMI
microSDスロット
インカメラ100万画素詳細不明92万画素92万画素30万画素
OfficeWPS Office別途別途別途WPS Office
重量約1.3㎏約1.59㎏約1.53㎏約1.45㎏約1.35㎏
税別価格¥49,800¥52,980¥46,200¥46,800¥19,800

他社品と比較するとまずメモリとストレージが弱い点と、少し前に話題となったドンキの「MUGA3」とスペック的には同等にも関わらず2倍以上の価格差があるのが気になります。

「LUCA Note PC」の優勢な点は OSが「Windows 10 Pro」であること、安価なWPS製とはいえOfficeが標準搭載されている点、あとは軽さでしょうか。

「LUCA Note PC」を検討する上でこの辺を天秤にかけていくことになりそうです。

 

まとめ

以上いろいろ調べてみましたが結論としては甘めの評価で「人を選ぶ」というところでしょうか。

・用途がテレワーク用や学習用に限定される人
・データの保存先はオンラインストレージやSDカードで充分な人
・Windows 10 Proを使いたい人

以上のような人は「LUCA Note PC」も選択肢に入るかも知れません。

ただ同様の用途で使えるもっとコスパのいいPCもあること、メモリの増設も出来ず今後の拡張性に関してあまり期待できないことは事前に含み置いた方がいいと思います。

最後に個人的な経験則から一つ加えると特にPCは「今は取り敢えずこれで!」という買い方はしない方がいいです。(「LUCA Note PC」のことを指している訳ではありませんよ!)

思うように使えないPCはその時にイライラするだけでなく、苦手意識に繋がる場合もありますので、予算の許す範囲で出来るだけ吟味して是非納得のいくものを購入して欲しいと思います。

ノートパソコン 新品 Microsoft STQ-00012 Surface Go 2 P 8GB 128GB プラチナ ノートpc ノート パソコン

Windows OSなら僕ならこれかな。

カナちひ

カナちひ

都内の企業で働く二児の父。仕事も趣味も忙しいけど、本当は予定もなくのんびり過ごす休日が一番好き。 このブログは趣味の写真とガジェットの話題を中心に徒然にまかせて書いています。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP