MacBookにマウスいらない派にもおすすめ『SATECHI M1』と逆スクロール設定を紹介

ガジェット

MacBookはトラックパットの使い勝手がいいのでマウスは使わないひとも多いのではないでしょうか。

僕自身もこれまで「マウスいらない派」だったのですが、動画編集などで細かい作業やトラックパットの唯一の弱点(?)であるドラッグ&ドロップを使うことが増えてきたため、ついにMacBook用のマウスを購入しました。

それが今回紹介する「SATECHI M1 Wireless Mouse」。

カナちひ

もちろん純正のMagic Mouseも検討したのですが、実際に触ってみるとその薄さと形状がどうにもしっくりこず、MacBookと同じアルミ製でデザインもいい「SATECHI M1」を選びました。

実は以前から取引先のデザイン会社のひとが使っていて気にはなっていたのですが、MacBookと同配色で結構かっこいいんですよね!

「M1 Mouse」をおすすめしたいひと

  • MacBookユーザーでマウスが必要なひと
  • 純正Magic Mouseは高いと感じるひと
  • 細い操作やドラッグ&ドロップを多用するひと
  • 見た目や高級感にもこだわりたいひと
  • クリックはしっかり目の反応が好きなひと

この記事では「SATECHI M1 Wireless マウス」の商品紹介と、はじめてマウスを使うときに気になるトラックパットとマウスホイールの逆スクロールの解決方法についてまとめていきます。

SATECHI M1マウスの特徴

メーカーである「SATECHI」はアメリカのサンディエゴの本社を置くPC用アクセサリーメーカーで、主にApple製品に互換、マッチするデザインの製品を中心に展開しています。

「M1 マウス」もMacBookに近い意匠で、特にスペースグレイは同色のカラー配置を踏襲していてとても馴染むデザインになっています。

SATECHI
「SATECHI」の公式ストアはこちら

商品スペック(Magic Mouse比較)

まずは商品スペックを見ていきます。(比較対象はApple純正 Magic Mouse)

製品名M1 Wireless MouseMagic Mouse
メーカーSATECHIApple
サイズD113 x W59 x H29 mmD114 x W57 x H22 mm
質量81.5g99g
ベース素材アルミニウムアルミニウム
接続方式Bluetooth4.0Bluetooth4.2
トラッキング光学式(1200DPI)光学式(DPI不明)
バッテリーリチウムポリマーバッテリーリチウムイオンバッテリー
充電ポートUSB Type-CLightning
実績価格¥3,629¥10,364
*価格は2022.10.23現在のAmazon価格

さすがにMagic Mouseのような「Multi-Touch」もないですし、価格差も3倍近いので単純比較では勝ち目はなさそうですが、手に馴染む形状や、Type-Cの充電ポートは「SATECHI M1」が優位だと思います。

あと充電切れの際にも使用しながら充電できる点は完勝ですね!

パッケージと付属品

パッケージはシンプルで至って普通。マウス本体とUSB Type-C to Aケーブル、日本語付きの説明書が同梱されています。

Macを意識したマウスであればUSBケーブルは「C to C」の方が良かったですね。

パッケージはシンプルで普通です
同梱品はマウス本体とType-Cケーブル、説明書

MacBookに馴染む美しいデザインと形状

SATECHIの製品は美しいデザインにも定評がありますが、「M1 マウス」も同様です。

カラーバリエーションも豊富

ベース素材にアルミニウムを使い、左右完全対称のデザインはAppleの意匠に近く高級感もあります。

個人的にはシルバー×ブラックが欲しかった
created by Rinker
Satechi
¥5,881 (2022/12/01 05:44:29時点 Amazon調べ-詳細)

グリップしやすいホイールボタン

ホイールボタンは金属製で滑りにくいローレット加工がされています。

見た目も美しい綾目のローレット加工

前後に回転でスクロール、押し込みで右クリック、操作音は控えめです。

尚、スクロールの方向をトラックパットと逆にする方法は記事の後半で紹介します。

充電は全面のUSB-Cポートから

充電しながらの使用も可能です

充電は全面のUSB-Cポートから行ないMagic Mouseのようにひっくり返す必要もありません。

もちろん使用しながらの充電も可能なので充電切れの際も安心です。

電源とペアリングボタンは底面に配置

電源スイッチとペアリング用のボタンは底面に配置されています。

光学センサーの左に電源スイッチ、右にペアリングボタン

ちなみに「M1 マウス」は複数のデバイスをシームレスに切り替えて使う「マルチペアリング」には対応していません。

そのため他のデバイスでも使用する場合はその都度繋げなおす必要があるのでペアリングボタンは意外とよく使うボタンです。

接続自体はBluetoothからカンタンにできます

クリック反応はしっかりめ

最近のマウスは音のしないフェザータッチの商品も増えていますが、「M1 マウス」は割としっかり反応があり小気味の良いクリック音がします。

これは好みによるので良し悪しはありませんが、質感も含め個人的には使っていて気持ちのいいマウスだと思います。

MacBookへのペアリング方法

MacBookへのペアリングは非常にカンタンです。

MacBookへの接続方法

  1. マウスのペアリングボタンを長押し(青色LEDが点滅)
  2. システム環境設定からBluetoothアイコンをタップ
  3. Bluetooth設定から「Satechi M1 Mouse」に接続
[Appleマーク] > [システム環境設定]
[Bluetooth]をタップ
Satechi M1 Mouse > [接続]
接続済みデバイスに追加されペアリング完了

マウスだけスクロール方向を逆にする方法

はじめてMacBookでマウスのスクロールボタンを使ったときに戸惑うのがスクロールの方向。

一般的なスクロールの方向

トラックパット:にスライドさせると画面もに流れる
スマートフォン:にスライドさせると画面もに流れる
マウス:ホイールをに回すと画面はに流れる

上記の通りマウスでのスクロールはトラックパットとは逆に設定したいのですが、なぜかMacは仕様で同一方向にしか設定できません

スクロールの方向はトラックパットと連動する

これを解決するために必要なのが「Scroll Reverser」というアプリです。ここからそのアプリのインストール方法と設定を説明していきます。

Scroll Reverserをインストール

「Scroll Reverser」はこちらからダウンロードします。

M1/M2 Macなら一番上の1.8.xを選択

「Scroll Reverser」のダウンロードが完了したらMacBookにインストールしていきます。

Finder > ダウンロード > 「Scroll Reverser」のアイコンを[プリケーション]にドラック&ドロップ

アプリケーション > 「Scroll Reverser」をダブルクリック

ポップアップで確認が入りますので > [開く]をクリック

MacBookのメニューバーに「Scroll Reverser」のアイコンが追加されました。

「Scroll Reverser」のアイコンをクリック > [設定]

画面の通り設定してください。以上でマウスのホイールだけ逆方向になりました。

まとめ

MacBookのベストマッチマウス「SATECHI M1 Wireless Mouse」と便利なホイール設定についてまとめてみました。

「MacBookはトラックパットで充分だよ!」という意見はおおむね同意なのですが、トラックパットとマウスと併用することでより便利に使うこともできると思います。

カナちひ

ピンチアウト/インはトラックパット、カーソル操作やドラッグ&ドロップはマウスというようにうまく使い分けることできっと作業性がアップするはずです。

カナちひ

カナちひ

都内の企業で働く二児の父。仕事も趣味も忙しいけど、本当は予定もなくのんびり過ごす休日が一番好き。 このブログは趣味の写真とガジェットの話題を中心に徒然にまかせて書いています。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP