万年筆との相性もバッチリ。今年のビジネス手帳は「ジブン手帳」で決まり!

暮らし

多くの企業で年度変わりとなる4月。このタイミングでビジネス手帳を新しいものに変える人も多いのでないでしょうか。

新社会人になって初めての手帳選びはワクワクしました
画像引用元:photoAC

大事な仕事のスケジュールや業務タスクを管理する上で使いやすいビジネス手帳を選ぶことはとても大切です。

僕も内心では「今年こそビジネス手帳代わりにiPadを使おう!」と思いつつ、やっぱりパッとページを開いてサッとメモが出来る紙の手帳はなかなか手放せず、今年も新しく買い替えてしまいました。

それが今回紹介する「コクヨ ジブン手帳2021」です。この記事ではそのお勧めのポイントや使い方、ぴったりの手帳カバーを紹介していきたいと思います。

https://cotonohablog.com/wp-content/uploads/2021/03/boy_09.png
カナちひ

紙質がとても高いので万年筆を使う方にもとってもお勧めな手帳ですよ!

▷「ジブン手帳」を使うならこんな万年筆もお勧めです。

 

コクヨ「ジブン手帳」について

商品コンセプト”「1年で終わり」ではなく 「⼀⽣つかえる」⼿帳への通り、1年間のスケジュール帳となる「DIARY」だけでなく、人生の軌跡を記録をする「LIFE」、フリーのメモ帳「IDEA」の3冊で構成される多機能手帳です。

LIFE DIARY IDEA
人生でやりやい100リスト 週間バーチカル型スケジュール グリッド罫ガイド付きメモ帳
座右の銘リスト ⽉間ブロック型スケジュール
人生設計表 ⽉間プロジェクト
通年記念日リスト 3年カレンダー
旅行地図 年齢早見表
自分年表 年間スケジュール
家系図 お勧めリスト
パスワードヒントリスト 本・映画・約束リスト
資産表 鉄道路線図
病歴 個人データ
詳細 詳細 詳細
A5 / B6スリム A5 / B6スリム A5 / B6スリム
Amazonでチェック Amazonでチェック Amazonでチェック

異なる用途の手帳を組み合わせて使うことで、いつまでも記録しておきたい情報と毎年更新する情報を上手く整理できるような設計になっています。

 

「ジブン手帳」のお勧めのポイント

・効率の良い「3 in 1」スタイル
・薄く裏写りしない紙質が素晴らしい
・直感的に使えるフォーマット
・スリムで軽く携帯性が高い

 

効率の良い「3 in 1」スタイル

重ねて使う前提でそれぞれサイズ設計されています

「ジブン手帳」は用途の違う「LIFE」「DIARY」「IDEA」の3つに分冊されています。

その為、長期の予定や記録は「LIFE」に、1年間の予定は「DIARY」に、自由に使える「IDEA」は30枚(60ページ)を使い切るまで、とそれぞれのタイミングで個別に交換できます。

それにより手帳を切り替える際に、古い手帳から新しい手帳に書き写す作業が不要で、効率性と経済性がアップしています。

なお「LIFE」と「IDEA」は「DIARY」より小さめなサイズで作られており「DIARY」の表紙の裏に挟み込むことで違和感なく一冊になる設計も素晴らしいです。

 

薄く裏写りしない紙質が素晴らしい

この薄さでインクが裏写りしないのは本当に不思議です

僕は万年筆を使うのでインクが裏写りしないことも重要なのですが「ジブン手帳」では更に手帳の特性に合わせて2種類の紙を使い分けています。

・「DIARY」と「IDEA」は新原紙「THIN PAPER」
・「LIFE」はより⻑期保存に適した「MIO PAPER」

この2つの原紙の特徴としては「薄くて軽い」「裏写りしない」「滑らかな書き心地」「波打ちしにくい」ことが挙げられます。

消せるボールペンでこすっても波打ちしにくい 裏写りしにくい トモエリバー並みの軽さ
コクヨ「THIN PAPER」の特徴
画像引用元:KOKUYO

以前は「トモエリバー」という社外製の紙を使っていましたが、現在の紙はコクヨの自社製で、より高機能になりました。(僕の「LIFE」はトモエリバー製です)

個人的には弱点だったインクの速乾性も少し改善された気もしますし、紙にハリがあるのでシワになりにくいところも気に入っています。

 

直感的に使えるフォーマット

コクヨのホームページで活用例を紹介しています

「DIARY」のメインは、バーチカル(縦型)式のウィークリースケジュール欄ですが、「ToDoリスト」や「天気」「食事」などアイコンにチェックするだけで一緒に記録できます。

スケジュールと密接に関係する「ToDoリスト」は勿論のこと、簡単な健康管理や週間天気予報を事前に記載することで傘の準備にも活用できます。(個人的には「日の出・日の入り時間」が分かるのでイベント時に重宝しています)

元々はレフト式(横書き)の手帳を使っていましたが、慣れてしまえばスケジュール管理はバーチカル式が最適だと思うに至りました。

 

スリムで軽く携帯性が高い

薄くて軽い原紙のおかげでこれだけの機能性とボリュームがありながら、B6サイズなら3冊合わせても実測で約250g、厚さ15mmに収まっています。

毎日持ち歩くものだからこそ、スケジュール帳の携帯性の良さは重要な点です。

 

「ジブン手帳」にぴったりな手帳カバーを紹介

「ジブン手帳」を購入するとPVCの透明カバーが付いてくるのですが、そのままではあまりにも安っぽいので長く使うことを考えるなら専用の手帳カバーの購入をお勧めします。

・コクヨ|専用手帳カバー
・BLANK COUTURE|ジブン手帳mini用手帳カバー
・HERZ|手帳カバー(KB-48-B6)

 

コクヨ|専用手帳カバー

コクヨ|mini / B6スリム用(H195×W125mm)
▷この商品をAmazonでチェック

コクヨ製の純正手帳カバーです。素材はフェイクレザーでカラーバリエーションはブルー、グレー、イエローの3色展開。

カバーの内側には名刺やチケット、付箋などを入れるポケットが複数とペンホルダーが付いているので実用性は高そうです。

柔らかな素材で手触りも良さそうな反面、フェイクレザーの質感やゴムバンドで止める仕組み、POPなカラーなどビジネスシーンで使うには少しカジュアル過ぎる点がネックでしょうか。

実売約2,000円という価格を考えればコスパの高いカバーであることは間違いありません。

 

BLANK COUTURE|ジブン手帳mini用手帳カバー

BLANK COUTURE|ジブン手帳mini用手帳カバー
▷この商品をAmazonでチェック

僕が今使っているのが、BLANK COUTURE(ブランクチュール)の「ジブン手帳mini用手帳カバー」です。国産のフルタンニンドレザーを使用しておりとても質感の高い手帳カバーです。

特徴的なのがペンホルダーやカードポケット、ミックスカラーなど自由にカスタム出来る点。手帳は用途によって必要な機能も若干変わってくるので、自分にぴったりの構成ができるのはとても嬉しいポイントです。

僕は4年以上使っていますが、縫製もしっかりしており堅牢製も確かです。

時間と共に出てくる自然な艶や傷も味になるのが本革の良さです

 

HERZ|手帳カバー(KB-48-B6)

HERZ|手帳カバー(KB-48-B6)
▷この商品をHERZ ONLINE SHOPでチェック

次に買い替えたいと思っているのがHERZ(ヘルツ)のB6手帳カバーです。素材はラティーゴというソフトレザーで美しい一枚革を使用しています。

このカバーは「ジブン手帳」専用ではありませんがサイズ感はピッタリっぽいです。(収納サイズ:横幅28cm、高さ18.3cm)※実際に試した訳ではありませんのであくまで参考としてください。

僕は同社の革製品をいくつか所有していますが、革自体の品質だけでなく縫製や加工技術も自信を持ってお勧めできます。

難点を挙げるとすれば、ペンホルダーが小さく径の細いペンしか使えない(もしくはクリップにかける)点と、カードホルダーが1箇所しかない点です。

この素朴さが同社製品の良いところでもあるのですが、機能性という意味では先の2つのカバーには若干劣るかも知れません。

 

まとめ

僕は11月始まりを使ってますが仕事用であれば4月始まりがお勧め

仕事以外にも子育てや趣味の記録など様々な用途で使える「ジブン手帳」の紹介でした。

僕にとって手帳はもっとも「こだわるべきステーショナリー」の一つで、実際に4年以上この手帳を使ってきましたが、ほぼ弱点が無く、よく考えられたフォーマットで誰もが使いやすい手帳だと思います。

もしこれからビジネス手帳を買う人や、検討している人がいれば是非 候補に加えて頂ければ幸いです。

カナちひ

カナちひ

好きなものは写真、登山、自転車、街歩き、昼寝です。多趣味な反面少し飽きっぽいのが玉に瑕。大好きなガジェットのレビューなど徒然にまかせてここに綴ります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP