送風機や電気ポットもIoT化!スマートプラグ「TP-Link Tapo(タポ)P105」のススメ

ガジェット

スマートホーム化を進めていくとどうしようか迷うのがリモコンもないシンプルな家電たち。

具体的には電気ケトルやスタンドライト、サーキュレーター、空気清浄機などですが、リモコン受信機のない家電は通常それ単体ではIoTに組み込むことが出来ないため、除外されることも多いと思います。

今回はそういった家電を1,000円前後で簡単にIoT化してくれるスマートプラグ「TP-Link Tapo(タポ)P105」について紹介したいと思います。

 

スマートプラグとは

「スマートプラグ」はリモートで通電の制御が出来る機器で、対象の家電とコンセントの間に挟むことでスマホやスマートスピーカーから電源のON/OFFが可能になります。

つまり、操作可能なのはコンセントを抜き差しするだけで作動する家電に限られます。(通電した状態で本体のスイッチを押すなどの操作が必要な場合は以下の「スイッチボット」が必要です)

対象の家電であれば、リアルタイムでのリモート操作はもちろんアプリなどを活用することで作動時刻を設定したりON/OFFタイマー機能を使うことも出来ます。(あくまで通電でコントロール出来る範囲の操作に限られますが)

もちろん「送風機のスマートプラグ」や「スタンドライトのスマートプラグ」など個別に管理が可能なため「スイッチボット」と合わせれば、ほぼどんな家電でもIoT化が可能と言えます。

またスマートプラグはスマートリモコンを介さずWi-Fiでの直接操作のため、設置場所を気にせず使える点も◎。起き抜けのベットからダイニングの電気ポットを操作して沸かしたお湯で目覚ましのコーヒーを一杯、なんて使い方もいいかも知れません。

 

「TP-Link Tapo(タポ)P105」の特徴

「Tapo P105」を販売するTP-Link(ティーピーリンク)社はWLAN関連機器で世界シェアNo.1を誇る中国企業で、その安価で品質の高い商品は日本国内でも高く評価されています。

「Tapo P105」の主な特徴は以下の通りです。

 AlexaやGoogle Assistantに対応し音声操作が可能
 専用アプリ「Tapo」が直感的で使いやすい
難燃性素材で安全性にも配慮されている
 日本語完全対応で不安がない
 1個1,000円というコスパの良さ

AlexaやGoogle Assistantに対応で音声操作が可能

Amazon Alexa(アレクサ)や Google Assistant(グーグルアシスタント)に対応しており、音声のみで操作することが出来ます。

事前にアプリ側で接続する機器を個別に管理しておけば下記のような指示も可能です。

「アレクサ、5分後に”トースター”をONにして」
「アレクサ、”照明”を消して」
「アレクサ、2時間後に”サーキュレーター”を止めて」

 

専用アプリ「Tapo」が直感的で使いやすい

専用アプリの「Tapo」はシンプル且つ直感的で使いやすいです。アプリでは登録した機器毎に以下の設定が可能です。(設定方法はこちら

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 デバイスの電源のON/OFF(外出先からでもOK)
 ON/OFFのスケジューリング(時刻/曜日設定)
 おでかけモード設定(ランダムON/OFF)
 ON/OFFタイマー

各種設定画面(デバイス毎に設定可能)
デバイスのON/OFF スケジュール設定
おでかけモード設定 タイマー設定

おでかけモードとは、設定した期間中、接続デバイス(照明等)のON/OFFをランダムに切り替えることで不在を悟られないようにする機能。

 

難燃性素材で安全性にも配慮されている

コンセントは通電時に火花が飛びやすく接続する機器の安全性はとても重要です。

「Tapo P105」の素材は燃え難さを示す規格「UL94(直燃焼試験)」でもっとも等級の高いV0グレードのプラスチック素材を採用しており安全性に配慮されている点も好印象です。

 

日本語完全対応で不安がない

同梱のマニュアルやアプリは完全に日本語化されています。

国内サポートセンターへの問い合わせもフリーダイヤル(0120-095-156)orメール(support.jp@tp-link.com)から選択することが出来るので万が一の際も安心ですね。

1個1,000円というコスパの良さ

今回IoT化させたい家電(スタンドライトやサーキュレーター等)もグレードによってはリモコンに対応した製品もありますが、その分価格帯も上がります。

「Tapo P105」は1個1,000円前後で購入出来、複数機器で使い回しが可能なためコスパの面では前者より優秀です。

またスケジュール機能を上手く活用することで電気代の削減にも効果が期待出来ます。(梅雨時期の送風機の運転時間制御など)

 

「TP-Link Tapo(タポ)P105」の注意点

 サイズ的にコンセントに2つ並べては使えない
 プラグに極性形状がありコンセントによっては挿せない

サイズ的にコンセントに2つ並べては使えない

「Tapo P105」は高さが38mmあり、一般的な家庭用のコンセントには並べての使用は出来ません。(並べて設置するにはコンセント穴の間隔が32mmほど必要です)

どう頑張っても2台並べては設置出来ません

ちなみに通常の電源プラグやOAタップ(延長コード等)ならギリギリ一緒に使えます。(下側に「Tapo P105」なら余裕です)

普通の電源プラグはギリギリ刺さります(上下逆なら余裕)

 

プラグに極性形状がありコンセントによっては挿せない

「Tapo P105」はプラグ極性で形状が違い(向かって右のアース側が大きい)、OAタップやコンセントによっては刺すことが出来ません。

N側(アース側)プラグが大きくOAタップには刺さりません

一部の高級オーディオ機器を除き、家電製品で極性を気にする必要はほぼない為、この仕様は??です。

壁面のコンセントであれば「Tapo P105」同様ほぼN側(アース側)の穴が多きくなっているので問題ないですが、稀に入らないコンセントもあるようですので注意が必要です。

 

「TP-Link Tapo(タポ)P105」の設定方法

ここからはアプリの設定方法を紹介します。同梱のマニュアルには簡単な手順しか記載されていませんので、上記のHow to動画(英語)と併せ設定時の参考として頂ければ幸いです。

Tapoアプリのダウンロード

TP-Link Tapo

TP-Link Tapo

TP-LINK無料posted withアプリーチ

 

アプリを起動しTP-Link IDでログイン

① アプリ起動後、TP-Link IDでログイン
(初めての場合は[サインアップ]より新規作成)
② [+]をタップしてデバイスを追加
③ カテゴリーからデバイス(Tapo P105)を選択
④ Bluetoothの使用許可>[OK]
⑤「Tapo P105」をコンセントに挿します
⑥ [オレンジと緑色に点灯]をタップ>[見つかりました]
⑦ Wi-Fiネットワークを選択します
⑧ Wi-Fiのパスワードを入力 > [次へ]
⑨ デバイス名を入力し > [次へ]
(複数使用する場合は接続する家電の名称での登録推奨)
⑩ 設置場所を選択し > [次へ]
⑪ デバイスのアイコンを選択し > [次へ]
⑫ [ファームウェアを確認する]をタップ
⑬ [いいね!]をタップしTapoアプリの設定は完了です
左側が電源OFF、右側がON時の画面表示です

 

任意|スマートスピーカーでの音声操作の設定方法

「スマートプラグ」を音声操作するためにはスマートスピーカー(Alexa|Google Assistant)のアプリ設定が必要です。

Tapoアプリ内でそれぞれの設定方法と紐付け状況が確認できますので最後に紹介します。

❶ [私]をタップ ❷ [音声コントロール]をタップ
❸ 任意音声のアシスタントをタップ ❹ それぞれの設定方法が確認できます
音声アシスタントアプリの設定が完了後の画面

 

まとめ

今回はリモコンもないシンプルな家電を簡単にIoT化させるスマートプラグ「TP-Link Tapo(タポ)P105」についてまとめてみました。

アプリを活用した外出先からの操作やスケジュール設定も確かに便利ですが、個人的にはやはりAlexaと連動して音声操作で使えるのが一番の利点だと感じます。

現在Alexa|Google Assistantなどの音声アシスタントをお使いであれば1台は持っておいて損はない機器だと思いますよ。

それでは!

カナちひ

カナちひ

好きなものは写真、登山、自転車、街歩き、昼寝です。多趣味な反面少し飽きっぽいのが玉に瑕。大好きなガジェットのレビューなど徒然にまかせてここに綴ります。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP