超シンプル&高コスパ!おすすめのサーキュレーターYAMAZEN「YAS-FKW15」レビュー

暮らし

長く感じた梅雨も明けていよいよ夏に突入ですね!「さっそく、海に川にプールに!」とはいかない今年の夏はお家でのんびり過ごされる方も多いのではないでしょうか。

そうなるとどうしても気になるのがエアコンの電気代。1シーズン2〜3万円といわれるその電気代削減のためにも1台はあると便利なのが「サーキュレーター」です。

その中でも今特に売れているのがアイリスオーヤマの「サーキュレーターアイ」を始めとする高機能サーキュレーターですが、この記事では機能は最低限だけど価格は3,000円未満という超コスパ良品 「YAMAZEN YAS-FKW15」を紹介したいと思います。

とは言え単なる安さ自慢ではないですよ。ある商品と組み合わせることで1万円前後の高機能サーキュレーターに負けない使い方が出来るんです!

これくらいの価格なら気軽に買えますし活用シーンも多く、絶対に後悔しない機器だと思いますのでもし家に「扇風機しかない」という方は最後までお読み頂ければ幸いです。

 

サーキュレーターって必要なの?

扇風機と違い、風の直進性が強いサーキュレーターは空気の循環に向いていて、エアコンとの組み合わせで室内を効率よく冷やしてくれます。(エアコンの設定温度を1℃上げることが出来れば凡そ13%の電気代削減になるといわれています)

またサイズも小さく片手で簡単に持ち運べるため、洗面所やトイレなどに持ち込んで一時的な涼をとるなどサーキュレーターの活用シーンは様々です。

■サーキュレーターの活用シーン
● 広い場所での空気の循環
● 洗面所やトイレなどでの一時的な使用
● 洗濯物の部屋干し時
● 廊下や通路の換気
暖房時の暖気の拡散
● 窓の結露対策

梅雨時期の洗濯物の生乾き対策にも直進性の強いサーキュレーターは大活躍ですよね!

 

YAMAZEN「YAS-FKW15」を選んだ理由

ダイヤル式だからスマートプラグが使える

冒頭の通り、今回僕が購入したYAMAZEN「YAS-FKW15」は「機能は最低限」「自動首振りは左右だけ」「スイッチはダイヤル式」「リモコンもない」という超シンプルなもの。

ゆえに安価な点と、スマートプラグとの組み合わせで音声やスマホでの操作が可能な点がこの商品を選択した大きな理由でした。

ダイヤル式なら指定風量に合わせておけば通電だけでON/OFFが可能なため、固定位置で使うならすぐどこに置いたか分からなくなるリモコンよりも音声の方が便利です。(Wi-Fi接続で別の部屋からも操作可能)

スマートプラグを活用すれば音声操作も可能です

タイマーもスマホアプリで設定可能なため、高性能で高価なサーキュレーターを買わなくても充分に代用が可能です。

とにかく価格が安い

僕が購入した時の価格は税込2,750円と、同クラスの高性能サーキュレーターと比較して半額以下という破格感。

スマートプラグも1個1,000円程度で購入出来るため、専用で購入したとしても約半額程度で音声&スマホ連動が可能です。

個人的にはそもそも電気代が安くフットワークの軽いサーキュレーターにはリモコンやDCモーターは過剰装備とも思えるので、シンプルに送風機として使うなら価格を重視して選ぶのも正解だと思います。(信頼面では国産品がお勧めです)

構造がシンプルでお手入れが簡単

工具不要で簡単に分解できます

YAMAZENのサーキュレーターは構造がシンプルで簡単に分解してお手入れ出来る点もポイントです。(送風機は短期間でも意外に埃が付着するんですよね!)

機種は違うのですが、構造が同じタイプのお手入れ動画があったのでご参考まで。

YAMAZEN「YAS-FKW15」の注意点

YAMAZEN「YAS-FKW15」はあえて機能性を絞った高コスパモデルですが、特に単独で使う場合には少し不便と感じる点を2つ紹介します。

タイマー機能がない

切タイマーがないため、いちいち手動でOFFにする必要があります。

単体で操作可能なのは3段階の風量調整と左右の自動首振りのみ

部屋干し乾燥目的で使用する場合などはある程度使用時間が決まってくるので、勝手に止まってくれない点は結構不便だと思います。

スマートプラグなどを使わず単体での使用前提であれば、この点は十分考慮して購入した方が良いです。

 

上下方向の自動首振りが出来ない

YAMAZEN「YAS-FKW15」は上下方向の調節は手動でのみ可能です。360°方向にグルグル回して送風することは出来ません。

手動であれば水平から90°まで角度調節が可能

ただAmazonの口コミを見ても、縦方向の自動首振りはガタつきや異音などのトラブル報告が多く、故障リスクを考えるとそこまで欲しい機能ではないかも知れません。

各社サーキュレーターとのスペック比較

最後にあえて他の高性能サーキュレーターと機能比較をしてみたので購入を検討中の方は参考にして頂ければと思います。

意外だったのはAC/DCモーターの違いはあれど、いずれも電気代は1時間1円未満でさほど気にする程でもない点と、送風の推奨範囲が異なってもサイズ感はほぼ変わらない点でしょうか。

メーカーYAMAZENアイリスオーヤマバルミューダ
型式YAS-FKW15YAR-KD15PCF-SC15TPCF-SDC15TEGF-3300
画像
推奨範囲10畳18畳18畳24畳30畳
本体操作ダイヤルタッチセンサーボタンボタンボタン
リモコン操作
音声操作
モーターACDCACDCDC
左右首振自動自動自動自動
上下首振手動自動自動自動手動
風量調節3段階8段階5段階10段階4段階
切タイマー1〜8h1・2・4h2・4・8h
風到達距離不明不明25m27m15m
消費電力32W17W38W25W20W
電気代/h0.92円0.46円0.92円0.68円0.54円
運転音不明不明35dB35dB不明
サイズ
WxHxD(cm)
21 x 28 x 18.521 x 30.6 x 19.621 x 29 x 2121 x 29 x 2134 x 36 x 25.6
質量1.6kg1.5kg2.1kg1.3kg2.3kg
実勢価格¥3,380¥7,980 ¥6,819¥10,300 ¥17,400 
リンク商品チェック商品チェック商品チェック 商品チェック商品チェック
※実勢価格は2021年7月22日現在のAmazon価格
※電気代/hは新電力目安単価(0.027円/Wh)で算出

こうして比較すると性能と価格のバランスがもっとも良さそうなアイリスオーヤマの「PCF-SC15T」が人気なのも頷けますね。

 

まとめ

さて、一家に一台はあると便利なサーキュレーターから超シンプル&高コスパの「YAMAZEN YAS-FKW15」を紹介させて頂きましたが如何でしたでしょうか。

我が家のようにアレクサで色々連動しているなら「サーキュレーター」+「スマートプラグ」はかなり便利でお勧め!ソファに寝転がったまま音声でエアコンもサーキュレーターも動かせるのはとても楽ちんですよ。

軽くて簡単に持ち運べる分、最近各部屋での取り合いになることも増えてきたのでもう一台買おうかな。

カナちひ

カナちひ

都内の企業で働く二児の父。仕事も趣味も忙しいけど、本当は予定もなくのんびり過ごす休日が一番好き。 このブログは趣味の写真とガジェットの話題を中心に徒然にまかせて書いています。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP