僕のおすすめ。K&F Conceptの新型カメラバッグ「ベータバックパック 20」を紹介

暮らし

突然ですが皆さん、カメラバッグってどんなものを使ってますか?

カナちひ

僕はこれまでコンパクトなショルダータイプのものを使ってきたのですが、最近は動画用の機材も持ち運ぶことが増えてきたので初めてリュックタイプに買い替えることにしました。

カメラリュックって本当にたくさんあって購入するとき迷いますよね。実用性は外せないけど「いかにもカメラバッグ」なデザインは好きじゃない、とか。

そんな時に出会ったのが今年発売された『K&F Concept ベータバックパック 20』。タウンユースにちょうどいいサイズで値段も手頃、何よりカラーバリエーションがいい感じ。

バリエーションは4カラー。POPでかわいいルックスが魅力

今回はそんな『K&F Concept ベータバックパック 20L』について実際の使用感も含めて紹介していきたいと思います。

この商品をおすすめしたい人

  • 人とは違う個性的なカメラバッグを探している人
  • 普段使いにも使いたいと考えている人
  • 堅牢性や機能性にもこだわりたい人
  • コスパも大事にしたい人

『K&F Concept ベータバックパック 20』について

引用:amazon.co.jp

メーカーである「K&F Concept(ケーアンドエフコンセプト)」はレンズアダプターや三脚などカメラ用アクセサリーの開発・製造・販売を行う中国企業で、低価格で品質の高い製品が多く僕もレンズフィルターなどでお世話になっています。

カメラバッグも以前からラインナップされていますが、「ベータバックパック 20」は今年春に発売されたばかりの新商品で、まだ口コミや評価は少ないので商品のスペックから見ていきましょう。

商品のスペック

商品名ベータバックパック 20
容量20L(2気室計)
収納例カメラ本体×1、レンズ×4、ドローン×1、15.6インチノートPC×1等
サイズH44×W30×D17cm
重さ1,725g
カラーオレンジ、グリーン、ブラック&グレー、ブラック
対荷重最大21kg
防水◯(防水素材+付属レインカバー付き)
価格*18,500円(税別)
 *2022.10.8現在のamazon価格

重量がそこそこありますが、900D(一般的なデイパックは200〜400D)というミリタリーレベルの厚みのある生地を使っている関係のようです。その分、対荷重は21kgとタフな作り。

底面にはPEボード、側面にはEPEディバイダー(クッション)が配置されており、耐衝撃性や減圧性も充分そうです。

付属品一覧(引用:amazon.co.jp

商品の外観

まずは何事も見た目ということで(?)商品の外観を見ていきましょう。

外観(前面)

カラーはブラック&グレーを選択。上下でセパレート
2種類の素材は共に上質そうでそれなりに高級感もある

僕が購入したカラーは「ブラック&グレー」。上下で異なる素材が使われていて、上側は完全に水を弾くリシコンのような加工がしてあり雨水の侵入をしっかり防いでくれます。

created by Rinker
近与(KONYO)
¥1,036 (2022/12/01 06:59:55時点 Amazon調べ-詳細)

一方下側はザラザラとした質感の帆布のような生地ですがこちらも水が侵入しないよう背面加工がされています。

外観(背面)

背面は溝のあるパターンで通気性にも配慮

重量のかかるショルダーハーネス(肩紐)と背面には、弾力のある厚めのクッションが使われ、「キャリーバー通し」も付いているので旅行時など荷物の多い時には助かりますね。

サイズ感

装着時のサイズ感(モデルは174cm|67kg)

背負った時のサイズ感は上のイメージ。

スクエア型なので同容量のデイパックと比較するとやや大きく感じるかも知れませんが、成人男性であれば大き過ぎるということはないはずです。

カメラバッグの機能性

続いてバッグの機能性を見ていきたいと思います。

カメラはサイドアクセスから

カメラはサイドアクセス可能|引用:amazon.co.jp

カメラは左手側下部の小窓からアクセスが可能です。

ダブルファスナーで好きな位置から開くことができ間口も大きい(縦20cm×横10cm)のでカメラの出し入れはしやすいです。

また蓋の位置に2つのミニポケットがついていて、SDカードや予備バッテリーなどを入れておくこともできます。

ただ個人的には1つでいいのでレンズキャップが入ると良かったです。

16インチPC対応の独立コンパートメント

背当ての裏側が16インチまでのPCに対応するコンパートメント(個室)になっていて、他のアイテムと分離して収納することができます。

13.3インチのMacBook Airならかなり余裕

僕はあまり出先で作業や編集をすることはないのでMacBookを持ち歩くことはないのですが、iPad Proを安心して持ち運べるのは◎。

三脚は前面外部ストラップへ

K&F Conceptの三脚「B210」ならバッグの幅にピッタリ

三脚は前面下部のストラップにセット可能です。

バッグ内部やボトルホルダーのスペースを圧迫しないため便利ですが、電車移動の際など周りとの接触に注意です。

ペットボトルホルダーは右手側に

入口の布ゴムは経年でヘタりそうだけど•••

バッグ右手側(カメラサイドアクセスの反対側)にはボトルホルダーがついています。

素直にペットボトルを入れてもいいのですが、深さがあり取り出しもしやすいので三脚や折り畳み傘を入れてもいいかも。(僕はハンドグリップ付きのGoProを刺しています)

メイン気室は自由にレイアウト可能

大小6つの仕切り板で自由なレイアウトが可能

メインコンパートメントは実測でH24×W29×D14cmの容量があり、付属される大小6つの仕切り版で収納機材に合わせてレイアウトが可能です。

6面をクッションで覆われた正方形に近い気室は見た目の印象より広く、ミラーレス一眼であれば標準レンズ付きカメラ本体に加えプラス2〜3本のレンズと小型機材数点を収納可能

僕のような風景画中心のアマチュアカメラマンであれば、標準ズームレンズ+広角単焦点レンズがあれば事足りるので容量的には充分なスペースです。

上部気室も充分な容量

上部気室は広く、小型ジンバルもそのまま収納可

上部気室(H15×W27×D11cm)はスクエア型で使いやすく、小型のジンバル程度であれば展開した状態で収納が可能です。(ただしこちらは上側面にクッションなし)

圧縮袋などと併用すれば着替えや小物も収納できるので、1泊2日程度の旅行であればこのバッグ一つで対応できそう。

マジックテープ付きの底板を外せば防護性の高い大容量の1気室リュックとしても利用可能です。

内部の小型収納ポケット2つはケーブルやAirPodsなんかを入れておくのに丁度いいサイズ。

全体の収納力

普段こんなに持ち歩くことはありませんが・・・

全てのコンパートメントを合わせると上の画像のカメラ機材とアイテムを収納可。

リストにすると以下の通り。

収納アイテムリスト(参考)

  1. カメラ:SONY α7C
  2. 単焦点レンズ:SONY SEL20F18G
  3. ズームレンズ:タムロン 28-75mm F/2.8 Di III VXD G2
  4. GoPro HERO 9 + The Handler
  5. スピードライト:Godox TT350S
  6. シューティンググリップ:SONY GP-VPT2BT
  7. ジンバル:ZHIYUN CRANE M3 + デュアルグリップ
  8. マイク:ゼンハイザー MKE 200
  9. 三脚:K&F Concept B210
  10. 可変NDフィルター:K&F 67mm ND2-ND400
  11. MacBook Air
  12. iPhone13 Pro
  13. AirPods Pro
  14. 急速充電器:UGREEN 65W PD
  15. USB Type-Cケーブル
  16. 財布・キーケース

20Lの収納力は僕にとっては必要充分でした。

これだけ収納しても総重量は約8kg(バッグ自体の重さも含む)と、バッグの対荷重21kgに対して余裕がある感じ。

一点、注意が必要なのは上記の三脚「K&F Concept B210」は最短35cmまで短縮可能なモデルのため前面ストラップに配置していますが、一般的な50〜60cmサイズの三脚の場合ボトルホルダーを使用することになると思います。(1箇所収納スペースが減る)

使いづらいと感じるポイント

最後に実際に使ってみて気づいた、いまいちな点を3つ紹介します。

使いづらいと感じる点

  • フリップカバーの使い勝手
  • 上部気室へのアクセス
  • ZEROフックには非対応

フリップカバーの使い勝手

『K&F Concept ベータバックパック 20』のデザインのポイントは、このフリップカバーだと思いますが留め具である数字の「6」のような形状のフックが使いづらく開け閉めが面倒くさいです。(特に外すのは片手じゃ無理!)

この留め具の使い勝手がちょっと悪い

このフリップ自体が外れることで中のものが飛び出すような構造ではないのですが、上部気室へのアクセスやPCなどを取り出す際には毎回外す必要があるので、開け閉めが簡単なクリップ型に変更してほしいです。

見た目重視にしてももう少し工夫してほしい箇所です。

上部気室へのアクセス

上部気室からアイテムを出し入れする際「①フリップを外す」「②上部気室のファスナーを開ける」という2ステップが必要です。

普通ならどうってことない作業ですが、例のフリップの使い勝手が悪いために①と②に間に「一旦バッグを下に置く」一手間が発生するのはいただけません。

小物なら横からのアクセスも可能

財布程度の小さなものはフリップに干渉しないサイド側から取り出すこともできるのですが、機材等はそうはいきません。

やはりフリップの使い勝手の改善が欲しいとことです。

ZEROフックには非対応

バックパックのショルダーハーネス(肩紐)に取り付けることで、カメラの重さによる首への負担を軽減する「HAKUBA 首の負担がZEROフック」という便利な商品があるのですが、残念ながらこのバッグには取り付けることはできません。

アジャスターはなく取り付けは不可

これは機能性としてのデメリットではありませんが、わりと使っている方が多い印象なので念の為、紹介しておきました。

created by Rinker
ハクバ
¥1,409 (2022/12/01 02:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

引用:photoAC

コンパクトなカメラバッグも取り回しはいいのですが、旅先や長時間の移動が発生するときはやはりリュックタイプの方が身体への負担も軽くて便利ですよね。

デザインの好みは人それぞれですが、K&F Conceptの新型『ベータバックパック 20』は機能と価格のバランス的にも魅力のある商品だと思いますので、気になった方は以下からチェックしてみてください。(2022.10.8現在、2,000円OFFのクーポン付きです)

カナちひ

カナちひ

都内の企業で働く二児の父。仕事も趣味も忙しいけど、本当は予定もなくのんびり過ごす休日が一番好き。 このブログは趣味の写真とガジェットの話題を中心に徒然にまかせて書いています。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP