\ ポイント最大9倍! /

Macのデータ復旧ならこれ!「EaseUS Data Recovery Wizard」検証と復元レビュー|無料版もあり

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

うっかりミスや何らかのトラブルで大切なデータが消えてしまったーー

カナちひ

きっと誰しも一度は経験したことがあるであろう不幸な事故、思わず頭を抱えてしまいますよね・・・

そんな時に試してみて欲しいのが、今回紹介する「EaseUS(イーザス)Data Recovery Wizard(データ リカバリー ウィザード)」。

その売りはなんと言ってもPC本体だけでなく、外付けSSDやUSBメモリ、SDカードなどの外部メディアにも対応しつつ復旧率97.3%という復元精度。合わせて慌てていても直感的に操作できる使いやすいインターフェイスも魅力的なデータ復旧ソフトです。

\ 詳細情報とDLはこちら! /

この記事ではメーカーである「EaseUS(イーザス)」さんよりご提供頂いたMac用のライセンスを使って、その実力や操作方法など解りやすくまとめていきたいと思います。

とはいえ、今この記事をご覧頂いている皆様はのんびり商品概要を見ている場合ではないと思いますので、まず検証結果からお伝えするとデータの消去原因がPC(Mac / Windows)に拠るものなら、かなり復元できる可能性が高いです。

Data Recovery Wizard の復旧検証結果
  • Macで消去orフォーマットしたデータはデバイスを問わずほぼ完全に復元可能
  • ただし、一部のカメラなどでフォーマット済みのデータは復旧できない場合がある
カナちひ

正直、僕自身データ復旧ソフトというものを初めて使ってみたのですが、こんなに高い精度で復元できるのかとびっくりしました!

それでは実際の検証結果も踏まえ、サービスの概要やデータ復旧精度、公式にサポートしている範囲になどについて詳しく紹介していきたいと思います。

目次

Data Recovery Wizard の概要

メーカーである「EaseUS(イーザス)」の信頼性

「Data Recovery Wizard」のメーカーである「EaseUS Software Co., Ltd.」は中国四川省に本社を置き、データ管理領域に特化したソフトウェアを中心に世界160ヶ国にサービスを展開するリーディングカンパニーで、MicrosoftやTOYOTAなどの超大手企業への導入実績を誇ります。

公式に表明している導入実績企業(一部掲載)

HP、SAMSUNG、FedEx、EPSON、Microsoft、YAMAHA、三菱、TOYOTAなど

紛失データの中には機密情報や表に出したくないファイルもあると思いますので、メーカーの信頼性も重要です。

今回紹介する「Data Recovery Wizard」については、以前より日経XTECHに取り上げられたり、ベクター主催のプロレジ大賞に度々選出されるなど、国内での評価も高く安心して使えるはずです。

Data Recovery Wizard の特徴

「Data Recovery Wizard」の主な特徴としては以下の点が挙げられます。

Data Recovery Wizardの特徴
  • 検索、確認、復元の3ステップで簡単復旧
  • 初めてでもすぐ使えるシンプルなUI
  • ファイル形式を問わず復元可能
  • 外部メディアのデータの復元可能
  • 永年無料のテクニカルサポート対応
  • 購入後30日間の返金保証

Data Recovery Wizard のエディション比較

「Data Recovery Wizard」は主にMac版とWindows版の2種類が準備されていますので、それぞれの無料版・有料版を比較してみます。

Mac版のエディション比較
エディションFree
Pro
Technician
税込価格無料12,089円/月
16,489円/年
23,089円/永年
39,468円/1年
52,668円/2年
63,800円/永年
復元容量500MB
(SNS共有で最大2GB)
無制限無制限
ライセンス1台のみ複数PC用
削除・フォーマットデータの復元
Time Machineバックアップからの復元
削除・紛失したRAWパーティションからのファイル復元
システム起動不可時のブータブルメディアからのシステム起動
データをクラウドへ復元
iTunesバックアップからiOS端末のデータ復元
技術サポート
30日返金保証
リンクリンクリンク
Windows版のエディション比較
エディションFree
Pro
Technician
Technician
税込価格無料9,790円/月
13,090円/年
19,690円/永年
13,189円/月39,468円/1年
52,668円/2年
63,800円/永年
復元容量500MB
(SNS共有で最大2GB)
無制限無制限無制限
ライセンス1台のみ1台のみ複数PC用
削除・フォーマットデータの復元
削除・紛失したRAWパーティションからのファイル復元
起動できないPCからのデータ復旧
技術サポート
30日返金保証
リンクリンクリンクリンク

こうして比較してみると最大2GBの容量制限のある無料版はともかく、やはりPro版の永年ライセンスが最もコスパが良いイメージ。

カナちひ

今起きているトラブルをとりあえず復旧するだけなら1ヶ月ライセンスでも良い気もしますが、どうしても割高感は否めません。

いずれの有料ライセンスも購入から30日間は返金保証されていますので、万一復旧できなかった場合も無駄にはならないはずです。

Data Recovery Wizard のデータ復旧精度

続いて「Data Recovery Wizard」でのデータ復旧精度についてまとめていきたいと思います。

データ復旧できる可能性が高いケース

実際に試してみましたが、下記に該当する場合はかなりの確率でデータを復元できる可能性が高いです。

データ復旧できる可能性が高いケース
  • PCによる消去orフォーマット
  • データ消失から時間が経過していない
  • 消失後、別のデータで上書きしていない
  • 記録媒体が物理的に破損していない
  • 無料版のみ|復元データ量が2GB以内*

※基本の0.5GBにSNS共有特典+1.5GBを加えた最大復元容量。有料版はデータ量の制限なし

もちろん、該当しない場合も復旧できる可能性がない訳ではないので、まずは無料版である「Data Recovery Wizard Free」から試してみることをお勧めします。

カナちひ

無料版で復元できることを確認したのち、復元データ量に合わせて有料プランを導入するのが無駄がないです。

公式にサポートされているデバイスとデータ形式

続いて公式に「Data Recovery Wizard」でサポートされているデバイスとデータ形式について確認していきます。

復旧可能なデータ / ファイル形式
写真JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWGなど
動画AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど
音声AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど
ドキュメントDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど
その他Outlook、Outlook Expressなどのローカルメール(PST, DBX, EMLX, etc.)や圧縮ファイル(ZIP, RAR, SIT, ISO etc.)、exeファイルなど
引用:EaseUS.com
復旧可能なデバイス
内蔵ストレージMac/Windows・デスクトップ・ノートパソコン
ディスクドライブHDD、SSD、RAID、Zipドライブ、ペンドライブなど
メモリカードUSBメモリー、メモリーカード、CF/SDカード、Microカード、各デバイスのメモリカードなど
その他その他のストレージデバイス
引用:EaseUS.com
復旧可能なデータ紛失ケース
ハードディスクトラブル原因を問わず、ハードディスクからなくなったデータの復元
ゴミ箱からの削除ゴミ箱から削除、ゴミ箱を空にした場合のファイル復元
完全削除ファイルを完全削除した場合の復元
フォーマットによる削除フォーマットしたデバイスからのファイル復元
ウイルス感染による紛失ウィルス攻撃によって紛失したファイルの復元
パーティション復旧消失したパーティションからのファイル復元
外付けデバイス復元SDカード、USBメモリなどPCに接続するストレージデバイスからの復元
システムクラッシュシステムクラッシュにより消えたデータの復元
その他のトラブル物理的損壊以外のデータ紛失の全面的復旧
引用:EaseUS.com

上記の通り「Data Recovery Wizard」は原則PCに接続し認識できる全てのデバイス・データの復旧をサポートしています。

いつどんなシチュエーションでトラブルに見舞われるか分からないデータ紛失において、復元できるデバイスやデータを選ばないという点はとても重要です!

実際のデバイスで復元性能を検証してみた

ここからは実際に僕が所有するデバイスを使って「Data Recovery Wizard」の復元性能を試していきます。

今回検証した記憶媒体は以下の4つ。

今回検証したデバイス
  • MacBook Air本体ストレージ|500MB
  • BUFFALO ポータブルSSD|1TB
  • SONY USBメモリ|8GB
  • SanDisk SDカード|64GB

※SDカードはMacおよび外部デバイス(α7C / GoPro)による消去からの復旧もチェック

Mac本体ストレージ|500GB

まずMac本体ストレージのデータについては、ほぼ全て問題なく復元できました

判別が困難なので必要なデバイスのみ接続する方がよさそう
本体ストレージへのフルアクセス許可ののちサーチ開始
検索完了までの時間は約2分とかなり早い

検索完了後、200ファイルほどをランダムに復元してみましたがそのほぼ全てが問題なく復元されていました。

一部復旧できないデータもありましたが、いずれも古いデータだったので、時間が経過するほど復旧できる可能性が下がると言えそうです。

【結果】ほぼ全て復旧。ただし一部の古いデータは復旧できない場合あり。

ポータブルSSD|1TB

使用したのはBUFFALOのポータブルSSD「PSMU3」。普段からかなり頻繁にデータの書き込みをしているので少し心配です。

さすがに1TBだけあってサーチに時間がかかります
写真や動画のバックアップに使っていたので数もデータ量も多い

結果、ファイル量に比例して復元できないデータもわずかに混じります。

メディアによる特性ではありませんが、頻繁に上書きが発生するケースでは破損するデータも増えそうです。(削除した保存領域に新たなデータが上書きされるイメージ)

結果】ほぼ復旧が可能だが、頻繁に上書きが発生する場合は注意

USBメモリ|8GB

今回使用した中で最も古い10数年もののUSBメモリ。FAT32という古い規格のファイルシステムが使われています。

デバイス自体古いものだが使用頻度は低い
出てきた懐かしい画像に思わずほっこり

問題なくサーチが終わりいくつかの懐かしい画像が・・・(画像自体は5〜6年前のもの)。

当時PC間でやり取りしていたWindows関連のドキュメントファイルも含め問題なく復元

結果】かなり以前のデータも含めほぼ全て復旧。

MicroSDカード|64GB

SDカードについてはMacBookだけでなく、カメラ(α7C)、GoProによる消去も検証。復旧できるか試してみました。

名称は「Trashes」ですが、64GBのSDカードです

MacBookで消去したデータの復元

MacBookで消去したSDカードのデータは、個別に削除したものも、フォーマットしたものも他のメディア同様にほぼ問題なく復元

最も古いもので14年前のJPGデータもばっちり復元できました。凄い!

SDカードは読み取り速度が遅くサーチ時間が長い

結果】ほぼ復旧も、頻繁に上書きが発生する場合は注意

カメラ(SONY α7C)で消去したデータの復元

カメラ側での消去を試したところ、一つずつ削除した画像データは問題なく復元できましたが、フォーマットによる消去の場合は一切復元できませんでした。

管理ファイルはいくつかあるが画像や動画ファイルは検出せず

カメラで撮影した画像は原則カメラで消去するのが一般的*ですが、フォーマットを行う場合は特に注意した方が良さそうです。

※撮影したカメラ以外で消去した場合、画像データ以外の管理ファイル等が残存し、不具合や認識エラーの原因となるため

結果】削除データは復元可能だが、フォーマットした場合の復旧は不可

GoProで消去したデータの復元

GoProで撮影した動画をそのままGoPro上で削除 or フォーマットした場合についても検証。

動画はデータ量が多く上書きされる確率は高い

GoProに関しては一つずつ動画を削除した場合もフォーマットした場合もほぼ復元できました。

ただし動画データは一つ一つのデータ量が多いため、繰り返し上書きして使う場合は破損の確率が高くなります。

結果】削除 / フォーマットに関わらずほぼ復元

上記の検証結果をまとめると、試してみた範囲ではMacBookで削除したデータは全てのデバイスでファイル削除・フォーマット問わずほぼ完全に復元されるものの、一部のカメラなどでフォーマットした場合は復旧はできない場合もある、という結果でした。

記憶媒体削除機材削除方法復元可否
Mac本体ストレージMac個別削除
外付けSSDMac個別削除
フォーマット
USBメモリMac個別削除
フォーマット
SDカードMac個別削除
フォーマット
α7C個別削除
フォーマット×
GoProGoPro個別削除
フォーマット

ただ元より外部デバイスのフォーマットによる消去からの復旧については公式にサポートされている訳はないので、消去を行う機材によっては復元できない可能性がある点は理解しておきましょう。

カナちひ

いずれにしても公称復旧率97.3%は伊達ではなく、信頼性の高さは依然として素晴らしいです。

\ 詳細情報とDLはこちら! /

Data Recovery Wizard の使い方

続いて「Data Recovery Wizard」初めて使う方のために、アプリのダウンロードからデータ復旧作業までの手順を解説します。

「Data Recovery Wizard」は全ての手順がとても簡単なので戸惑うことは少ないと思いますが、データが消えて焦っている方も多いと思いますのでご参考まで。

初回ダウンロードとインストール

「Data Recovery Wizard」の無料版に関しては個人情報などを入力する必要もなくすぐに使用することが可能です。

初めて使う場合のインストール手順は以下の通り。

STEP
EaseUS公式WEBサイトからアプリをDL

以下のリンク先より「Data Recovery Wizard」をダウンロードします。(Windows版はこちら

初めて使用する場合は、まずは無料版を試し、復元したいファイルが表示されることを確認してから有料版に切り替えることをお勧めします。

STEP
DLしたファイルからアプリをインストール

ダウンロードしたファイルを開き、表示された画面のアイコンをダブルクリック。

アプリをインストールします。

真ん中のアイコンをダブルクリック
データ量もさほど大きくないためすぐに完了します
カナちひ

面倒な登録作業が不要ですぐに使えるのは緊急時にとてもありがたいですね!

STEP
有料版へのアップデートはホーム画面から

復元容量無制限のPro版(有料版)へのアップデートは、必要に応じてホーム画面から行いましょう。

左下の「ライセンス認証」からアップグレードが可能

データ復旧までの操作方法

インストールが完了したら「Data Recovery Wizard」を起動して、さっそくデータ復元作業をしていきましょう。

STEP
「Data Recovery Wizard」を起動する

「Data Recovery Wizard」アプリを起動すると、ホーム画面に「PC内蔵ストレージ」および「接続しているデバイス」が表示されます。

Macに接続しているデバイスは自動で認識

基本的には「Data Recovery Wizard」を起動した時点でMacに接続済みのデバイスは自動的に認識されますが、万一表示されない場合は以下の公式サイトの記事を参考にしてみると良いかも知れません。

STEP
復旧させたいデバイスを選択しデータ検索

復旧させたいデバイスを選択を選択し「失われたファイルを検索」をタップ。

今回はSDカードを選択して消失したファイルを検索
無料版の場合の画面

無料版の場合もデータ検索までの手順は同様です。

但し、復元できるデータ量は最大で2GB未満のため、足りない場合はホーム画面の「ライセンス認証」から有料版にアップグレードしましょう。

STEP
データサーチが開始

選択したデバイスから削除されたファイルの検索が開始します。

発見されたものから順次追加されていくので、数が多い場合は「ファイルの種類」「ファイルのサイズ」「作成日」「変更日」から対象を絞って目的のファイルを探していきます。

消去から間もなければ変更日順で一番上に出てくるはず
STEP
表示されたデータを確認し復元

古いデータを探しているのでなければ全データの検索完了を待つ必要はないので、サムネイル表示に変更し目的のファイルを探していきます。(リスト表示からの復元方法はこちら

復元するファイルが見つかったら右下の「復元」をタップ。

リスト表示から詳細を確認する方法

一覧表示のままファイルの詳細を確認する場合は、ファイル名 もしくは 👁アイコンをタップします。

別のウィンドウが開くので詳細を確認し目的のファイルであれば「復元」ボタンから復元しましょう。

右側のサムネイルを確認しながらファイル検索を続けることも可能です。

Finderが表示されるので復元先を選択し「保存」をタップ。

問題なく完了すれば以下のポップアップが表示されます。

「Data Recovery Wizard」での作業は以上で完了です。

STEP
復元完了

「Data Recovery Wizard」で復元されたファイルは「EaseUS 月-日 時間」という自動生成フォルダ中に保存されます。

念の為、問題なく復元できたか確認しておきましょう!

カナちひ

実際、解説が不要なくらいシンプルで分かりやすい設計なので、誰でも簡単に使えるはずです!

Macでのデータ復元に関しては以下の公式の記事でも詳しくまとめられていますので参考にしてみてください。

Data Recovery Wizard の気になる点

Data Recovery Wizard の気になる点
  • PC買い替え時のライセンス移行が面倒
  • サブスク版のコスパが悪い
  • 日本語でのサポートはメールのみ

Macを買い替え時のライセンス移行が面倒

復旧データ量無制限のProライセンスでイントール可能な台数は1台のみのため、PC買い替え時はライセンスの移行を行う必要があります。

ただこのライセンス移行が面倒で、サポートセンターにメールでライセンスリセットを依頼する方法を取っています。

依頼時に必要な情報

①ライセンスコード
②購入時に記入したメールアドレス
③注文番号

特に入力フォームもなく、一般の問い合わせ同様に依頼内容を打ち込みメールするのも大変ですし、万一購入時のメールを紛失してしまうと買い替えになってしまうのは正直大きなデメリットだと感じます。

カナちひ

これだけ使いやすいソフトであれば、ホーム画面から簡単にリセットが行えるようにしてくれると、ありがたかったです・・・

サブスク版のコスパが悪い

先ほども少し触れましたが、Pro版のライセンスは税込で月間12,089円、年間16,489円、永年23,089円の3種類。

月に何度もデータを消してしまうことはないし、2回目があるとすれば忘れたころだと思うのでサブスク版は実質1回分と感じてしまい、どうしても割高感が否めません。

やはり個人的には購入するなら23,089円の永年版をお勧めします。

日本語でのテクニカルサポートはメールのみ

「Data Recovery Wizard」の魅力の一つである24時間年中無休のテクニカルサポートですが、日本語に対応しているのはメールサポート(info@easeus.com)のみで、リアルタイムでやり取りが可能なライブチャットは英語のみをサポートしています。

カナちひ

僕のように英語が堪能ではない場合、実質24時間年中無休サービスの恩恵は得られないんですね。

まとめ

万が一のデータ消失時に頼れるデータ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard(イーザス データ リカバリー ウィザード)」についてまとめてみました。

\ 製品概要とDLはこちらから! /

特徴&お勧めポイント
  • 検索、確認、復元の3ステップで簡単復旧
  • 初めてでもすぐ使えるシンプルなUI
  • ファイル形式を問わず復元可能
  • 外部メディアのデータの復元可能
  • 永年無料のテクニカルサポート対応
  • 購入後30日間の返金保証
気になった点
  • PC買い替え時のライセンス移行が面倒
  • サブスク版のコスパが悪い
  • 日本語でのサポートはメールのみ

できれば普段からTime Machineで定期的にバックアップを取っておきたいところですが、サボっている時ほど起こるのがデータ消失事故。

カナちひ

諦める前にまずは是非、無料版の「Data Recovery Wizard」から試してみて欲しいと思います。

誰にでも起こり得ることなので、いざという時に備える意味でも、この機会に一度試しておいても良いかも知れませんね。

それでは!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次