データ復元ソフト『Wondershare Recoverit Mac版』レビュー|操作性と高速スキャンが魅力

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ファイルを誤って削除したり、デバイスが故障して大切なデータが消えてしまった経験はありませんか?

そんな時の心強い味方がデータ復元ソフト。もしバックアップを取っていなくても、デバイスに残った痕跡から必要なデータを復元してくれる頼れる存在ですが、種類も多くてどれを使ったら良いのか迷ってしまいますよね。

今回は、簡単かつ迅速に失われたデータを高い確率で復元してくれる『Wondershare Recoverit(ワンダーシェアー リカバリット)』を紹介したいと思います。

カナちひ

復元性能はもちろん、初めてでも直感的に操作できるシンプルなインターフェースで、かなり使いやすいソフトです。

この記事ではソフトの概要や使い方、実際にいろいろ試してみて分かった優位性をまとめていくので、今現在データ消失で困っている人も是非参考にしてみてください。

この記事はメーカーさんからのライセンス提供により執筆していますが、記載内容については一切の誇張や忖度なく僕自身の見解を正直にまとめています。

目次

Wondershare Recoverit の概要

Wondershare Recoverit は日本にも支社を持つグローバルなソフトウェア開発企業「ワンダーシェアー」が手掛けるデータ復元ソフトで、世界160ヵ国、500万人以上のユーザーに選ばれているデータ復元ソフトです。

復元する場所を選ぶ > スキャン > 復元という3ステップの簡単操作ながら、PCの内蔵ストレージはもちろん、外付けSSDやSDカードなど様々なデバイスから約1000種類ものファイル形式をサポート

またファイル毎に分かりやすく分類できるフィルター機能も優れているので、何百何千というデータからでも目的のファイルを素早く見つけることができるユーザビリティの高さも魅力のソフトです。

カナちひ

今回はMac版を紹介しますが、Windows版もほぼ同様の操作性なので必要に応じて使い分ければOKです。(ライセンスは個別契約)

Recoverit の魅力

これまでにも複数のデータ復元ソフトを検証してきた僕の感想として、復元性能に関しては他のソフトと大きな違いはない印象ですが、クイックスキャンの速さと目的のファイルを見つけるためのフィルター機能はかなり優秀だと思います。

Recoverit の特徴と魅力
  • 95%以上の高いデータ復元率
  • 数多くのファイル形式とデバイスをサポート
  • 3ステップの簡単操作
  • スキャンが早く待ち時間が短い
  • 使いやすいデータフィルター機能
  • サイズ制限のないプレビュー機能
  • 無料版でも500MBまで復元できる

※Recoverit Ultimate Plus(Mac版)に限る

Recoveritは現在バージョン12と何度も改良を重ねていますが、履歴を見る感じでは高速性にもかなり力を入れて開発が進められているようで、とにかくクイックスキャンの時間が短いので精神衛生的にも助かります。

カナちひ

復元できるか不安な気持ちで使うソフトですから、早めに白黒分かるのはありがたいですよね。

ちなみにMacBook Proで試してみたところ、325GBのデータ量でクイックスキャンなら約40秒程度でした。

タップで拡大できます

スキャン後のファイルは上記の通り、種類毎に自動的に仕分けられるので、目的のファイルを探すのも容易です。

ライセンスと価格

Mac版のライセンスを並べてみました。その他、学生・教職員向けの学割ライセンスもあるので対象の人はこちらからチェックしてみてください。

2023年12月28日現在の公式な動作環境は Mac OS X 10.10 – Mac OS 14(Ventura)まで。最新OSのSonomaでも動きますが、何からの影響があるかも知れないので導入は自己責任でお願いします。

ライセンス無料版
Pro
Ultimate
Ultimate Plus
税込価格無料月間9,980円|1ライセンス
永続14,980円|1ライセンス
年間44,900円|5ライセンス
月間11,980円|1ライセンス
永続16,980円|1ライセンス
年間54,900円|5ライセンス
月間13,980円|1ライセンス
永続18,980円|1ライセンス
※その他ライセンスは別途問い合わせ
復元前プレビュー
データ復元500MBまで無制限無制限無制限
起動ディスク作成
(起動しないPCからデータ復旧)
動画ファイルの高度復元・修復
Nas&Linuxデータ復元
専門的な技術サポート
7日返金保証
リンクリンクリンクリンク
記載内容は2023年12月24日現在

ライセンスは、できることや使用期間、使えるPCの数などで細かく分類されていますが、簡単にまとめると以下の通りです。

  • 無料版:正常に起動しているPCやデバイスから削除したデータを500MBまで復元
  • Pro:正常に起動しているPCやデバイスから削除したデータを無制限に復元
  • Ultimate:Pro版+起動ディスク作成(起動しないPCからのデータ復旧)
  • Ultimate Plus:Ultimate版+高画質な動画の復元・修復+NAS・Linuxのデータ復旧

いずれも復元性能自体に違いはないので、基本的には無料版もしくはPro版を選んでおけば問題ないと思います。

他のデータ復元ソフトでは無料版はプレビューだけのもの(復元はできない)もありますが、Recoveritはデータ量に制限はあるものの実際に復元までできるのは嬉しいポイントです。

カナちひ

まずは無料版で試してみてから、有料ライセンスに切り替える方がいいかも知れません。ただ有料版も購入後7日間は返金可能なので、とりあえず試してみることをおすすめします!

サポートしているデバイスとデータ形式

RecoveritはMac内蔵のストレージだけでなく、様々なデバイスからの復元もサポートしています。頻繁なデータ更新で比較的トラブルの多いSDカードにも対応しているのは嬉しいポイント。

サポートしているファイル形式も約1000種類と多く、一般的に使われる形式はほぼすべて網羅しているイメージです。

復元可能な主なデバイス
USBメモリUSBドライブ、ペンドライブ、サムドライブ(FAT16、FAT32、exFAT、NTFS、HFS、APFSなど)
メモリカードCFカード、SDカード、MMC、SmartMedia、xD-Pictureカード、MiniSDカード、
MicroSDカードなど
内蔵HDDハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)、 フロッピーディスク、
Zipドライブなど
カメラさまざまなブランドのデジタルカメラ、DJI / GoProカメラ、 アクションカメラ、ビデオカメラなど
SDカードSD / SDHC / SDXCカードや、SDカードを搭載したデバイス(Androidスマートフォンなど)
外付けHDD破損や、フォーマットにより失われたデータの復元
引用:recoverit.wondershare.jp
サポートしている主なファイル形式
ドキュメントRTF, DOC, DOCXXLS, XLSX, XLSB, PPT, PPTX, PPS, PDF,
DOT, DOTX, XLSB, XLT, XLTX, POT, PPSX, など.
写真・画像CRW, JPEG, JPG, PNG, PSD, RAW, RGB, 3DM, 3DMF, 3FR,
ABM, AFX, ANI, ART, ARW, BIZ, BLD, など.
ビデオ・動画AVI, FLA, FLV, M4V, MOVMP4, WMV, 3G2, 3GP, 3GP2,
3GPP, AMV, ANM, ASF, ASX, など.
音声AAC, AIFF, ALAC, FLAC, MP3, OGG, PCM, WAV, WMA,
A52, AA, AA3, AAC, AC3, ACC,AFC, AIF, など.
メール & アーカイブメール: MSG, PST, OST, EML, EMLX, MBOX, etc. 
アーカイブ: 7Z,WAR, ZIP, exe, 7zip, など.
その他EPUB, JIS, KEY, LOG, MPS, NUMBERS, ODS, ONE, PAGES,
PPS, PS, 12M, 1ST, 3DA, 3DS, 3TF, 3WS, ABD, など.
引用:recoverit.wondershare.jp

Wondershare Recoverit 実力検証

ここからは実際のデータを使って、Recoveritの復元性能を検証してみたいと思います。

今回は以下のパターンでファイル消去とフォーマットを行い、どれだけ復元できるかをチェックしてみました。

検証パターン
  • MacBook本体からJPG、PNG、PDFファイルを手動で削除(ゴミ箱含む)
  • ポータブルSSDからJPG、PNG、PDFファイルを手動で削除 + Macでフォーマット
  • USBメモリからJPG、PNG、PDFファイルを手動で削除
  • SDカードからJPG、PNG、PDFファイルを手動で削除 + Macでフォーマット
  • カメラ(α7C)で撮影しSDカードに保存した画像データを、カメラで削除 + カメラでフォーマット
  • GoProで撮影しMicroSDカードに保存した動画データを、GoProで削除 + GoProでフォーマット

実際の復元可否をまとめると以下の通りです。(:全てのデータを完全に復元できたもの、:一部復元できなかったものor不完全な状態で復元されたもの、:完全に復元不可だったもの)

削除デバイスストレージデータ消去フォーマット
MacBook Pro内蔵SSD
SanDisk ポータブルSSD
Sony USBメモリ
Samsung SDカード
ミラーレス一眼カメラ Sony α7CSamsung SDカード
GoPro HERO 9Samsung SDカード

基本的には問題なく復元できたものの、USBメモリは復元されたデータが不完全な状態(一部が消えている)、カメラやGoProでフォーマットした場合の復元はできませんでした

他のデータ復元ソフトでも、撮影機材側でフォーマットした場合は復元できない場合が多く、その点はRecoveritも同じようです。(古いデータや何度も上書きを行ったデバイスなども同様に復元は困難)

同じタイミング、同じファイル形式でも復元可否は異なるので、やはり実際に使ってみて判断することが大切です。

カナちひ

ごく限られたシチュエーションによる簡易的なテストなので、あくまで参考程度としてください。

Wondershare Recoverit の使い方

次に、Recoveritを導入するにあたってインストール手順と実際の使い方を紹介します。

インストール手順

Recoveritは、以下のリンク先にあるWondershare Recoverit 公式サイトからダウンロードが可能です。

遷移先での手順は以下より確認してください。

タップで開く
STEP
公式サイトから Recoverit をダウンロード

[無料ダウンロード]をタップしてインストーラーをダウンロード。

STEP
インストーラーを開いてRecoveritをインストール

ダウンロードしたDMGファイルを開くと以下の同意確認が表示されるので[同意します]をクリック。

遷移した以下の画面の通りアイコンをダブルクリックしてインストール。

途中でMacへのアクセスを求められたら、ログインパスワードを入力してインストールを進めます。

STEP
ソフトが起動しWondershare Recoveritの画面が開いたら完了

Wondershare Recoverit が起動したらインストールは終了です。

カナちひ

有料プランに切り替える場合は、右上のボタンからライセンス購入画面に移行できますよ!

データ復元作業手順

Recoveritの使い方を解説します(解説とは言ってもとても簡単です)。

外部デバイスからデータを復元する場合は、事前にMacに接続しておきます。

タップで開く
STEP
復元したいデバイスを選択してスキャンを開始

任意のデバイスをクリックしてスキャンを開始します。

作業の進捗は左下から確認できます。進捗率はクイックスキャン後に自動的に始まるディープスキャンも含めた完了を100%として表示。

クイックスキャンはすぐに終わります。(500GBのSSDで30秒くらい)

自動的にディープスキャンが始まりますが、この時点でプレビューや復元が可能なので目的のファイルを探していきましょう。

カナちひ

ディープスキャンにはかなりの時間がかかりますが、さらに多くのファイルを発見できる場合があります。テストケースだと約40分くらいかけて最終的に162,752のファイルが見つかりました(クイックスキャンでは27,567)。

STEP
ソート機能を使い目的のファイルを探す

ファイルの種類やフォルダ、名前などから目的のファイルを探します。

「写真データすべて」や「JPG形式すべて」などをまとめて復元することも出来るのですが、今回は対象のPNGファイルに絞って検索&復元を試みます。

対象ファイルを発見したら、ダブルクリックでプレビュー画面を開きます。(プレビューせず右下のボタンから直接復元することも可能)

STEP
目的のファイルを復元

プレビュー画面を確認して問題なけば右下の[復元する]ボタンをクリック。

復元ファイルの保存先を選択して[保存]します。

選択した場所にフォルダが作られその中に復元データが格納されます。

削除したデータが完全に復元されました。

以上で復元作業は完了です。

Wondershare Recoverit 気になった点

Recoverit特有の問題ではないのですが、Macでデータ復元をした際に少し気になった点を2つほど紹介しておきます。

  • Mac本体のスキャンには事前準備が必要
  • 不完全な状態で復元される場合がある

Mac本体のスキャンには事前準備が必要

Mac本体のスキャン精度を上げるためにシステム機能拡張を有効にする必要があるのですが、これがちょっとだけ面倒。

手順自体は分かりやすく解説されているのですが、リカバリーモードを使ったり再起動したりと多少時間がかかるので慌てている時はイライラしそうです。

カナちひ

これはRecoveritのせいでは無いのですが手間がかかるはシンプルに面倒です・・・

不完全な状態で復元される場合がある

Recoveritの復元率は95%以上とされていますが、逆に言うと20分の1は復元できないファイルも存在します。

一般的に削除した直後であれば比較的高い確率で復元できるのですが、時間が経ったり別のファイルで上書きされたりすると、データ自体が破損して復元不可もしくは以下のような不完全な状態で復元される場合があります。

不完全に復元されたデータの一例
不完全に復元されたデータの一例

これもRecoveritに限った話ではないのですが、100%復元できる訳はないので過信し過ぎず、定期的にバックアップは行っておきましょう。

まとめ

さて今回は、思わぬデータ紛失の際に頼れるデータ復元ソフト『Wondershare Recoverit』についてまとめてみました。

高い復元率はもちろん、操作が簡単で大量のデータから目的のファイルを探しやすいユーザーライクな特徴を持つソフトウェアで、初めてデータ紛失ソフトを導入する人にもおすすめできる商品です。

メリット
デメリット
  • 多くのデバイスとファイルをサポート
  • 3ステップの簡単操作
  • クイックスキャンが早い
  • 使いやすいフィルター機能
  • 無料版でも500MBまで復元可能
  • Macのスキャンには事前準備が必要
  • 不完全な状態で復元される場合がある
カナちひ

困った時にすぐ無料版をDLして復元を試みることが出来るのは大きな優位性。まずは諦めず使ってみることが大切です。

転ばぬ先の杖ということで、気になった人はトラブルの前に是非一度試してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次