MacBook用の最新USBハブ「SATECHI USB-C PRO HUB SLIM」レビュー|おすすめの7-in-2ハブならこれ!

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

MacBookで外部デバイスを使う際に欠かせないのがUSB-Cハブ。

カナちひ

特にMacBook AirはM1/M2共にUSB-C x 2のポート構成なので、USB-AやSDカードを使うならほぼ必須と言えますよね。

今回はそんなMacBookユーザーにおすすめの最新 7-in-2 USB-Cハブ 「SATECHI(サテチ)USB-C PRO HUB SLIM」について、その特徴や性能、実際の使用感などまとめてみたいと思います。

SATECHI USB-C PRO HUB SLIM
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 純正と見紛う美しいアルミ成形
  • 活用シーンの多い7つのポートを集約
  • 100W給電対応のUSB4ポートを搭載
  • USB-Aポートも10Gbpsに対応
  • 持ち出しに有利な超軽量仕様
  • 新型MacBookに合わせたカラー展開
デメリット
  • UHS-ⅡのSDカードには非対応
  • 競合品と比較してやや高額

結論、7in2のマルチハブとしての性能はもちろん、とにかく純正と見紛う美しい意匠とカラーがMacBookユーザーに刺さること間違いなしの買って後悔はいないUSBハブです!

目次

USB-C PRO HUB SLIM のスペック

さっそく「USB-C PRO HUB SLIM」のスペックを見ていきましょう。比較対象として、もっとも競合しそうな「Anker 547 USB-C ハブ」も併記しています。

商品名USB-C PRO HUB SLIM
‎(ST-HUCPHSS)
547 USB-C ハブ
(A83540A1)
商品画像
メーカーSATECHIANKER
カラーシルバー|スペースグレイ|ミッドナイトグレー
ポートUSB4 × 1
映像出力 6K/60Hz
データ転送 40Gbps
PB給電出力 100W
USB4 × 1
映像出力 5K/60Hz
データ転送 40Gbps
PB給電出力 100W
USB-C × 1
データ転送 10Gbps
USB-C × 1
データ転送 5Gbps
USB-A × 2
データ転送 10Gbps
USB-A × 2
データ転送 5Gbps
HDMI 2.0 × 1
映像出力 4K/60Hz
HDMI 2.0 × 1
映像出力 4K/60Hz
SD / MicroSD × 各1
104MB/s(UHS-I規格)
SD / MicroSD × 各1
104MB/s(UHS-I規格)
サイズ124 x 29 x 7.9 mm125 x 36 x 10mm
重量39.97 g55g
対応機種MacBook Pro(14インチ|M2 Pro/Max|2023)
MacBook Pro(16インチ|M2 Pro/Max|2023)
MacBook Air(M2|2022)
MacBook Pro(13インチ|M2|2022)
MacBook Pro(14インチ|M1 Pro/Max|2021)
MacBookPro(16インチ|M1 Pro/Max|2021)
MacBook Air(M1|2020)
MacBook Pro(M1|2020)
MacBook Pro(2020/2019/2018/2017)
MacBook Air(2020/2019/2018)
MacBook Pro(2022/2021/2020/2019)
MacBook Air(2022/2021/2020/2019)
価格10,370円6,990円
商品リンク商品リンク
※価格は2023年7月30日現在のAmazon税込価格

「USB-C PRO HUB SLIM」はデュアルUSB-Cポートを搭載する2018年以降の全てのMacBookに対応

2023年の最新モデルだけあって、一つ一つのポート性能の高さや、M2 MacBookにも対応したカラーバリエーションなど、細かな点でもしっかり最新のMacBookに見合う製品となっています。

USB-C PRO HUB SLIM 特徴とおすすめポイント

「USB-C PRO HUB SLIM」の主な特徴とおすすめの5つのポイントについて解説します。

USB-C PRO HUB SLIM の特徴
  • 純正と見紛う美しい本体デザイン
  • 性能も用途も高い7つポートを集約
  • 薄型&超軽量で持ち出しに有利
  • 過電流や発熱からMacを守る保護機能
  • 新型MacBook対応のカラー展開

純正と見紛う美しい本体デザイン

ロゴや必要表記も全て背面というセンスも素晴らしい

本来、初めに性能やスペックから触れるべきところですが、「USB-C PRO HUB SLIM」に関してはとにかくその素晴らしいデザイン性から触れていきたいと思います。

色合わせの難しいシルバーも完全に再現

この手の商品は質感や色こそ似せているものの、実際に合わせてみると微妙に違うという場合が多いのですが「USB-C PRO HUB SLIM」は素材加工や色合わせが完璧です。

しかも接続部分に無駄な隙間が発生せず、キーボード面と完璧にツライチになることで完全にMacBookと一体化するので「もしApple純正のUSBハブがあったらこんな感じだろう」と想像する方も多そう。

カナちひ

SATECHIの製品は総じてクオリティが高く、モノ作りに対するこだわりを感じるので、どの商品も安心して購入できるんですよね。

性能も用途も高い7つポートを集約

「USB-C PRO HUB SLIM」には、100WのPD給電と高速データ通信に対応したUSB4を始め、USB-AやフルサイズのHDMI 2.0、SDカードスロットなどよく使うポートをコンパクトなボディに集約しています。

たださすがに7ポート同時使用は窮屈感は否めません

もちろん、各ポートに接続したデバイスは同時並行して使うことが可能なので、MacBookのポート不足はこれでほぼ解決できるはず。

一方、LAN接続ポートには対応していないのでMacBookでイーサネットを使用したい場合は、8-in-2ポートの「USB-C PRO HUB MAX」などを選択しましょう。(ただしその他のポート性能はSLIMの方が優位です)

Satechi
¥12,799 (2024/02/19 20:21時点 | Amazon調べ)
カナちひ

2つのUSB-Aポートが共にUSB 3.2 Gen 2に対応していて、10Gbpsで使えるのも嬉しいポイントです。
※競合品にはGen 1(5Gbps)の商品が多い

薄型&超軽量で持ち出しに有利

その名の通り、厚さ7.9mm / 重さ約40gというコンパクトさは、MacBookを外に持ち出すことの多いユーザーには嬉しい点です。

実測では公称より軽い38.3g

100円玉約8枚分の重さに等しい40gは手に持つと本当に軽くて荷物に感じることはほぼ無いはず。

厚さについても、デュアルUSBポートに挿す同型のタイプで1cmを切る厚さの製品は調べた限りでは他になく、とにかくコンパクトで多機能なUSBハブを探している人にはおすすめです。

ぼぼUSB-Aのポートサイズぎりぎりの厚さ
装着時のサイズ感|MacBook Air(13インチ|M1|2020)

過電流や発熱からMacを守る保護機能

熱伝導率が高い「USB-C PRO HUB SLIM」のアルミ筐体は排熱に優れ、大容量データ送受信時の発熱を抑制してくれます。

また本体温度が40℃を超えた場合は自動的にデバイスとの接続を切断してくれる点も安心。

カナちひ

過電流やサージ(雷などによる瞬間的な異常電圧)の発生に対して、自動的に接続を切断する保護機能を搭載するなど安全性への配慮も好印象です。

新型MacBook対応のカラー展開

MacBookと完全に一体化する「USB-C PRO HUB SLIM」のデザイン性は先ほど触れた通りですが、最新M2モデルの新色「ミッドナイト」のカラーバリエーションも嬉しいポイントです。

残念ながら同じく新色のスターライトこそラインナップしていませんが、Macでは珍しい濃色のクールなMacBookは特に男性人気が高く、これに対応したカラー展開は競合に対し大きな優位性だと思います。

USB-C PRO HUB SLIM 残念なポイント

「USB-C PRO HUB SLIM」を選ぶ上で注意したいポイントを2つ紹介します。

USB-C PRO HUB SLIM の残念な点
  • UHS-ⅡのSDカードには非対応
  • 競合品と比較してやや高額

UHS-ⅡのSDカードには非対応

SD/MicroSDカードスロットの規格がUHS-I(104MB/s|0.8Gbps)なのは個人的には少し残念な点です。

一般的にはUHS-Iで充分かも知れないが・・・

確かにUHS-Iでも常用としては充分な速度だし、まだUHS-IIのSDカード自体が普及しきっていない点も理解できますが、他ポートの性能の高いだけに、UHS-II(最大312MB/s|2.5Gbps)に対応できると正に最強のマルチハブだったのでは?と考えてしまいます。

SATECHIからUHS-IIのSDカードリーダーもラインナップされてますので、必要であればそちらと組み合わせましょう。

競合品と比較してやや高額

個人的には性能&品質と価格を天秤に掛けてもコスパは悪くないと思いますが、5〜7,000円の競合品も多い中で10,000円を超える価格設定はやや強気と感じます。

SATECHIのブランディング的にも廉価である必要はないとは思うのですが、もう少し手に取りやすい価格であれば、製品の良さをもっと多くの人に知ってもらえるのになあと思ってしまいます。

カナちひ

周辺機器にもっとSatechiの製品を導入したいけど、どうしても現実的な予算ハードルが・・・

SATECHIブランドのUSBハブを比較

SATECHIでは他にも同タイプのM1/M2 Mac用USBハブを展開しているので比較表で紹介します。

商品名PRO HUB SLIMPRO HUBPRO HUB MAXPRO HUB MINI
商品画像
ポート数777
USB4
(PD充電対応)
100W|40Gbps|6K/60Hz87W|40Gbps|5K/60Hz100W|40Gbps|5K/60Hz100W|40Gbps|5K/60Hz
USB-C
(データ通信用)
10Gbps5Gbps5Gbps5Gbps
USB-A10Gbps x 25Gbps x 25Gbps x 15Gbps x 2
HDMI4K 60Hz4K 60Hz4K 60Hz
Micro/SDカードUHS-IUHS-IUHS-I
LAN1Gbps1Gbps
3.5mm音声ジャック
サイズ12.4 x 2.9 x 0.79 cm11.4 x 2.8 x 1.04 cm12.4 x 4.8 x 1.15 cm10.1 x 3.1 x 1.17 cm
重量39.97g40.7g88.7g41.6g
価格10,370円9,999円12,999円8,999円
※価格は2023年7月30日現在のAmazon税込価格

各商品のスペックで比較すると凡そ以下の感じで選択しても良さそうです。

・ 性能重視でLANポートが不要なら「PRO HUB SLIM
・ とにかく1台で完結させたいなら「PRO HUB MAX
・ HDMI&SDカードは不要で機動性優先なら「PRO HUB MINI

スペック的には「PRO HUB」はほぼ「PRO HUB SLIM」の下位互換のイメージですが、HDMIポートが短側面にあるので外部モニターを常用する人なら優位かも知れませんね。

カナちひ

LANポートと音声ジャックが不要であれば、総合的に見てSLIMが一番コスパが良さそうです。

まとめ

MacBookにはほぼ欠かせないおすすめのUSBハブ「SATECHI USB-C PRO HUB SLIM」についてまとめてみました。

おすすめポイント
  • 純正と見紛う美しい本体デザイン
  • 性能も用途も高い7つポートを集約
  • 薄型&超軽量で持ち出しに有利
  • 過電流や発熱からMacを守る保護機能
  • 新型MacBook対応のカラー展開
残念なポイント
  • UHS-ⅡのSDカードには非対応
  • 競合品と比較してやや高額

この商品の購入を迷っている人に一番の魅力をお伝えするなら、データ転送速度や7ポート搭載ながらコンパクトなサイズなど機能面はもちろんのこと、やはりMacBookと完全に一体化するデザインとビルドクオリティだと思います。

カナちひ

ちょっとお高いですが、MacBookユーザーなら買って後悔はしない商品だと思います!

今回ご紹介した「USB-C PRO HUB SLIM」以外にもSatechi製品の品質やデザインはApple製品ファンには間違いなく刺さると思うので、もしまだ同社製品を手にした事がないのであれば、これ機に色々とチェックしてみはいかがでしょうか。

それでは!

\ おすすめの最新MacBookアクセサリを紹介してます! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次