これは使える!GoPro(HERO9等)をWEBカメラとして活用する方法とメリットを紹介

ガジェット

以前「SONY α7c」を使ったzoomミーティングについてご紹介しましたが、今回はもっと手軽に活用できる「GoPro」をWEBカメラとして使ったzoomミーティングの方法とそのメリットを紹介したいと思います。

https://cotonohablog.com/wp-content/uploads/2021/03/boy_09.png
カナちひ

単に広角で撮れるだけでなく、映像や肌の質感もかなり綺麗になるのでGoProをお持ちの方は活用しない手はありませんよ!

|PR|SONYミラーレス一眼「α7c」をWEBカメラ化したオンライン発表会が楽しい!

GoProをWEBカメラ化するメリット

まずはGoProをWEBカメラとして使うメリットを紹介します。

 PCに近付いても顔がアップになり過ぎない
 映像が綺麗で肌の質感も綺麗に見える
 正面以外からの映像も撮れる

PCに近付いても顔がアップになり過ぎない

GoProの最大画角は16mmと超広角なので、PCの内蔵カメラより広い範囲を映すことが出来、背景や複数人数を映したい場合などは重宝します。

また広角ゆえにカメラとの距離を稼げるので、PC操作をする際にも顔などがアップになり過ぎません。(以下がカメラとの距離約25cmの場合のzoom画面です)

「近付き過ぎると毛穴が見えそう!」と心配な方もPCから比較的近い距離で配信することが可能です。

MacBook Air内蔵カメラのzoom画面
GoProをWEBカメラとして使ったzoom画面

 

映像が綺麗で肌の質感も綺麗に見える

映像配信の解像度についてはzoom側の影響を受ける(一般的に640×360px)ため、カメラ自体の解像度の差はあまり関係ないのですが、GoProは映像処理に優れているためPC内蔵カメラより綺麗に撮ることができます。

以下も同じ距離(カメラから約50cm)で比較した映像ですが、GoProの方が色味や肌の質感がより自然な感じがします。

MacBook Air内蔵カメラのzoom画面
GoProをWEBカメラとして使ったzoom画面

正面以外からの映像も撮れる

GoProなどの外部カメラを使うことで正面以外からも撮影することが可能です。

他の人と少し違った映像したい時や、手元を映したい場合などは便利です。

GoProをWEBカメラとして使ったzoom画面

GoProの超広角を活かして天井からのアングルなんかも面白いかも知れませんね!

 

GoProをWEBカメラ化するために必要なもの

今回僕が使った機材は以下の通りです。GoPro本体以外はお手持ちの機材やPCやOSに合わせて代替出来るのもの多いと思いますので参考まで。

 GoPro HERO 9
 M1 MacBook Air
USB-C to USB-Cケーブル
 GP-VPT2BT(GoProのミニ三脚として使用)

尚、WEBカメラとして使用可能なGoProのモデルは以下の通りです。(HD HERO3+以前のモデルやMAX、Fusionなど360°モデルは対応していません)

 HERO9 Black
 HERO8 Black
 HERO7 Black
 HERO6 Black
 HERO5 Black
 HERO4 Black

基本的にはGoProとPC、それを繋ぐUSBケーブルがあれば問題ありませんが、アングル調整のためミニ三脚があれば便利です。

尚、もし「音声も高品質にしたい」という場合は別途外部マイクを準備すると完璧です。

 

GoProをzoomのWEBカメラに設定する手順

機器やケーブルなどの準備ができたら早速設定していきましょう。大筋の流れは以下の通りです。

 GoProを最新ファームウェアに更新
 PCに「GoPro Webcam」アプリをインストール
GoProとPCをUSB接続
 WEBミーティングアプリのカメラにGoProを選択
WEBミーティングを開始

基本的には一度設定してしまえば、次回からは機器を接続してアプリを立ち上げるだけで使えるので面倒なことはないと思います。それでは手順を順番に説明していきます。

 

GoProを最新ファームウェアに更新

まずはGoProのファームウェアを最新Ver.に更新しましょう。

GoPro本体をGoProアプリ「Quik」に接続すると、アップデート可能な場合は「カメラの更新プログラムがあります」と表示されますので指示に従って更新して下さい。

何も表示されず接続出来ればファームウェアは最新です。

Quik 動画 & 写真編集アプリ

Quik 動画 & 写真編集アプリ

GoPro, Inc.無料posted withアプリーチ

 

「GoPro Webcam」アプリのインストール

次はPCに以下リンク先の「GoPro Webcamユーティリティ」をダウンロードします。

Mac OS(ver10.14以降)は こちらから
Windows 10は こちらから

ダウンロードしたユーティリティファイルをクリックすると「GoPro Webcam」のインストーラーが立ち上がりますので以下の手順に沿ってインストールしていきます。

特にインストール先を指定しない場合はそのまま「インストール」
インストールが終わったらPCを「再起動」しましょう

 

「GoPro Webcam」の起動とGoProのPC接続

「GoPro Webcam」アイコンをタップ
ステータスバーにGoProのアイコンが表示されます
GoProを電源ONの状態でPCと有線接続
GoProが接続されるとアイコンに青い点が表示されます
GoProアイコンから「プレビューを表示」をタップ
初回のみカメラへのアクセス許可を求められるので「OK」
GoProの映像がプレビューとして表示されます

以上で「GoPro Webcam」のインストールとGoProの準備は完了です。(次回以降は「GoPro Webcam」を起動し、GoProを接続するだけです)

 

「zoom」側のWEBカメラ設定

ここまでの手順でGoProをWEBカメラとして使える状態になっているので、あとは実際に使うオンラインミーティングアプリでGoProを選ぶだけです。(ここではzoomの設定方法を紹介します)

尚、zoomアプリ自体のインストール方法については冒頭の記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

zoomアプリを起動し、右上の歯車アイコンをタップ
「ビデオ」>「カメラ」から「GoPro Webcam」を選択
この状態でzoomミーティングを始めればGoPro映像で配信されます
もちろんミーティング中にカメラを変更する事も可能です

次回以降も同様の手順でGoProでの配信が可能です。(事前に「GoPro Webcam」を起動し、GoPro本体を接続すしておく必要はあります)

 

まとめ

以上、GoProをWEBカメラとして使ったzoomミーティングの方法をまとめてみました。

もちろんMicrosoft TeamsやGoogle Meet、Skypeなどのオンラインミーティングツールにも活用出来ますので所有されている方は是非一度は試してみて欲しいと思います。

ただでもスポーツシーンやアクティビティ、旅行先などでマルチに活躍出来るGoProですが、活用シーンが増えることでますます便利になりますね!

|PR|GoPro HERO9と一緒に揃えたい便利なアクセサリの記事はこちら

現時点では非対応ですがGoPro MAXなどの360°モデルが使えれば、より面白い配信が出来ると思うので今後の機能拡張を期待したいところです。

カナちひ

カナちひ

好きなものは写真、登山、自転車、街歩き、昼寝です。多趣味な反面少し飽きっぽいのが玉に瑕。大好きなガジェットのレビューなど徒然にまかせてここに綴ります。

関連記事

特集記事

コメント

    • NONAME
    • 2021.07.12

    Gopro hero9 に内蔵されているマイクはWebカメラの状態でも音を拾ってくれますか?

    • コメントありがとうございます。
      今回紹介した方法ではGoProがzoomのオーディオデバイスとして認識されない為マイクとしての使用は不可のようです。
      (念の為、試しましたがやはりGoProの音声は拾ってくれません)
      別途、ビデオコンバーター等を経由してHDMIケーブルで接続すれば音声も拾えるような情報もありますが試していないので分かりません。

        • NONAME
        • 2021.07.12

        返信ありがとうございます。
        そうだろうと思ってはいたんですが確かな情報がHero9はまだ新しい方なのでそういった情報が無く困っていました、改めてありがとうございます!

TOP