M1 MacBook AirでSteamのゲームをしよう!インストールからゲーム購入まで手順を紹介

ガジェット

一般的に「MacBookはゲームには向かない」と言われています。

そもそもMacOS対応したゲームが少ないことと、原則ビルドインのMacBookでは高負荷の映像処理を求められるスペックに対応しづらい点が主な理由でしたが、M1/M2チップで大幅に性能がUPした現行のMacBookであれば快適性を確保した状態でゲームが可能です。

僕も実際にゲーム配信プラットフォーム「Steam(スチーム)」から「Cities: Skylines(シティーズスカイラインズ)」をDL、いくつかのModも使って遊んでいますが、人口10万人弱の中盤時点でも処理落ちなどは感じずプレイできています。(ただ排熱の機能のないファンレスのAirのため結構熱は持ちます)

カナひち

この記事ではMacBook Air(M1|2020)に「Steam」をセットアップし、MacOS対応のゲーム「Cities: Skylines」を購入&インストールして実際に遊ぶまでの手順を紹介していきます。

M1 MacでSteamのゲームを遊ぶ際の留意点

出鼻を挫くようですが、やはりゲーミングPCではないMacBook Air(M1チップ8コア|メモリ8GBメモリで検証)でのゲームプレイにはいくつか留意すべき点が存在します。

まずは実際にSteamでゲームをプレイしてみて個人的に気になった点を4つほど紹介します。

「ゲーム”も”できるMacBook」と考えておきましょう

MBAでSteamを遊んでみて気になる点

  • MacOSに対応したゲームが少ない
  • データサイズが大きくストレージを圧迫する
  • FPSなど高い映像処理が求められるゲームはさすがに厳しい
  • 熱を持つ&バッテリーの消費が早い

今回試した「Cities: Skylines」に関しては今のところ問題なく遊べていますが、やはりGPU(グラフィックス)性能が試されるFPSのようなゲームを高画質かつハイフレームレートで遊ぼうと思うとM1/M2チップとは言え、吊るしのMacBook Airではさすがに厳しいです。

またMacBook Airはファンレス設計のためゲーム中結構熱を持ちます。今のところ熱暴走などのトラブルはありませんが、あまり重い処理が続くと良くないのは間違いありません。

熱々とはいいませんがゲーム中はそれなりに熱を持ちます

バッテリーの消費も激しく2〜3時間のプレイでレッドゾーン(20%以下)に入りますので、電源への接続はマストです。

以上のことからやはりゲーミングPCのような感覚で考えるとちょっと残念な気持ちになりますので、あくまで「ゲーム”も”出来るMacBook」と考えてセットアップに進んで頂ければ幸いです。

「Steam」のインストール手順

それでは「Steam」のインストール手順を順に見ていきましょう。まずは以下より無料のSteamのアカウントを取得します。

アカウントの作成

メールアドレス・居住地などを入力>[続行]
受信したメールを確認し記載のURLをタップ
アドレス確認後、ウインドウを閉じる
アカウント名とパスワードを入力>[完了]

これでアカウントの作成は完了です。(Steamインストール後にアカウントを作成することも可能です)

アプリケーションのインストール

続いてSteamのアプリケーションをインストールしていきます。

[Steamをインストール]をタップ
[STEAMをインストール🍎]をタップ
ダウンロードから「steam.bmg」を開く
ダウンロードを[許可]
Steamアイコンを[application]にドラッグ&ドロップ

これでSteamアプリのインストールが完了です。念の為Launchpadより確認しましょう。

Steamのアイコンが追加されています

Steamのセットアップ

初回立ち上げ時のポップアップから「Steam」のアップデートとアカウントを確認します。

上記のポップアップから>[開く]
アップデートが始まり、完了後ログイン画面へ
[LOGIN TO AN EXISTING ACCOUNT]をタップ

先ほど作成したアカウントでログインしましょう。([CREATE NEW ACCOUNT]から新しいアカウントを作成することも可能です。)

アカウント名とパスワードを入力し>[LOGIN]
Steamが起動

「Steam」が起動したらセットアップは完了です。おつかれさまでした。

初回立ち上げ時に英語表記だった場合は、一度アプリを再起動すると日本語で表示されます。(もし変更されない場合は右上の[アカウント名]から言語を変更し再起動して下さい)

ゲームの購入方法とインストール

通常「Steam」のストアからゲームを購入するのですが「Green Man Gaming」などのキーセラーや、AmazonなどでCDキー(製品コード)を購入することも可能です。
※中には怪しいキーセラーもあるので購入は自己責任でお願いします。

ちなみに僕は今回Amazonで事前に上のコードキーを購入したので、それを使って「Steam」にダウンロードしていきます。

[ゲーム]>[Steamでアイテムを有効化する…]をタップ
利用規約を確認し>[同意する]をタップ
事前に購入したCDキーを入力し>[次へ]

外部で購入したCDキーは通常メールで送られてくるので、コピペでOKです。

製品が有効化されるので>[完了]をタップ
ライブラリのアイコンからゲームをインストール

初回はインストールに少し時間がかかりますが、次回以降はすぐに遊ぶことができます。

ゲーム画面が立ち上がりました

まとめ

MacBookでSteamのゲームを遊ぶまでの手順を画像付きで紹介してみましたがいかがでしたか?

「Steam」はPCゲームプラットフォームの最大手ということもあり、無料のゲームや大型コンシューマーゲームなど様々なゲームをラインナップしていますね。

なお、今回は紹介出来ませんでしたがWindowsをデュアルブートすればMacでもほぼ全てのゲームを遊ぶ事はできます

ゲームを目的にMacBookを購入する方は少ないと思いますが、長いデスクワークの気分転換にたまには「Steam」でゲームをしてみてはいかがでしょうか。

カナちひ

カナちひ

都内の企業で働く二児の父。仕事も趣味も忙しいけど、本当は予定もなくのんびり過ごす休日が一番好き。 このブログは趣味の写真とガジェットの話題を中心に徒然にまかせて書いています。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP