「Anker Soundcore Space Q45」レビュー|ワイヤレスノイキャンヘッドホンならこれがおすすめ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

家でも外出先でもヘッドホンで音楽聴きたい人にピッタリなのが、モバイルバッテリーでも有名なAnkerのワイヤレスヘッドホン「Soundcore(サウンドコア)」シリーズ。

価格も1万円前後で外にも気軽に持ち出せるし、ノイズキャンセリング機能で騒音にも強い。再生可能時間も60時間以上というタフさも魅力のワイヤレスヘッドホンです。

今回はそんなAnker Soundcoreシリーズから、最上位モデル(それでも1万円台!)の「Space Q45」をレビューしていきたいと思います。

カナちひ

以前のモデルより機能や高級感がアップ!スマホなどで気軽に音楽や映像コンテンツを楽しみたいライトユーザーなら大満足間違いなしです。

「Space Q45」はこんな人におすすめ
  • 安価でも音いいのヘッドホンが欲しい
  • どうせならノイキャンヘッドホンがいい
  • 複数のデバイスを面倒な切替なしで使いたい
  • 高級感やデザイン性にもこだわりたい
  • ワイヤレスがいいけど頻繁な充電は面倒
  • 当然コスパも高い方がいい

\ ワイヤレスヘッドホンならこれで決まり! /

soundcore
¥14,990 (2024/05/17 20:17時点 | Amazon調べ)
目次

「Soundcore Space Q45」商品概要

公式|Anker Soundcore Space Q45 紹介動画

「Anker Soundcore Space Q45」は2022年9月に発売された同シリーズの最新モデルで、コストパフォーマンスの良さで話題になった前作「Life Q35」の後期機種です。

前作でも好評だったマルチポイント接続(2台のデバイスとの接続を自動でシームレスに切り替える機能)や、専用アプリでのカスタマイズ機能はそのままに、再生可能時間やノイズキャンセリング性能などが順当に進化

ますます魅力的なワイヤレスヘッドホンに仕上がっています。

商品スペック

それでは「Soundcore Space Q45」のスペックを、同シリーズの他モデルとも比較しながら見ていきましょう。

商品名 Space Q45Life Q35Life Q30Life Q20+
外観
再生可能時間最大65時間最大60時間最大60時間最大60時間
ノイキャン再生時間最大50時間最大40時間最大40時間最大40時間
充電時間約2時間約2時間約2時間約3時間
急速充電
5分充電で4時間使用可
充電端子USB Type-C
通信方式Bluetooth 5.3Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0
対応コーデックSBC / AAC / LDACSBC / AAC
ノイキャン機能ウルトラノイズキャンセリング 2.0ウルトラノイズキャンセリングアクティブノイズキャンセリング
専用アプリ対応
付属ケース
外音取込み
強度を5段階から調節可能
重量295g270g260g260g
価格¥14,990¥11,990¥8,990¥6,990
商品情報商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク
※記載価格は2023.04.30現在のAmazon価格

さすが最上位モデルだけあって、さまざまな性能で下位モデルを上回っています。

特に「ウルトラノイズキャンセリング2.0」は、Appleの「AirPods pro」と比較しても遜色のない遮音性能で、地下鉄や繁華街の喧騒の中でもしっかりと機能してくれます。

音響性能

「Space Q45」は、高音質のコーデックLDAC対応によりワイヤレス接続でもハイレゾ音源の再生が可能です。(残念ながらiPhoneには対応していません)

LDACとは:ソニーが開発したBluetoothの高音質オーディオコーデックで、Bluetoothの帯域幅を最大限に活用し、CDと同等以上の高音質な音楽再生を可能にする技術です。

「Soundcoreシリーズ」は高音域の伸びの良いクリアなサウンドに定評がありましたが「Space Q45」では中低域も強化され、より臨場感のあるサウンドになっています。

「Space Q45」の売りの一つであるノイキャン性能は前作より更に進化しており、周囲の騒音レベルに応じて5段階の強度で自動調節可能に。

カスタマイズは専用アプリで

本体のみでも操作は可能ですが、ノイキャンや外音取り込みモードのレベル調整、イコライザーの変更は専用アプリ「soundcore(サウンドコア)」が便利です。

「soundcore」アプリでできること
  • ノイキャン / 標準 / 外音取込みモードの切り替え
  • 音量やイコライザーの調整
  • 本体ソフトウェアのバージョンアップ
  • スマホへのヴィジェットの設置
  • 本体の電池残量の確認
  • 本体での操作方法の確認

もちろん日本語にも対応しており、ヴィジェットを使えばわざわざアプリを開くことなくモードの変更やバッテリー残量の確認が可能です。

soundcore

soundcore

Power Mobile Life LLC無料posted withアプリーチ

「Soundcore Space Q45」デザイン

スタイリッシュで高級感のあるデザインも魅力

「Soundcore Space Q45」は洗練されたデザインも特徴的で、外装は主にプラスチックなのですが、同色でも質感の違う素材を組み合わせることでシンプルかつスタイリッシュな外観を実現しています。

また、可動式のアームによりイヤーカップの角度が自由に調整できるので装着時のフィット感も上々。

カナちひ

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ネイビーの3色。いずれも高級感があり所有欲を満たしてくれますよ。

ブラック
ホワイト
ネイビー

パッケージと付属品

パッケージはいつものAnkerらしいデザイン
有線接続用に3.5mm AUXケーブルも付属
付属品一覧
  • ヘッドホン本体
  • ハードトラベルケース
  • USB Type-C to Aケーブル(充電用)
  • 3.5mm AUXケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 安全マニュアル

付属品の3.5mm AUXケーブルの長さは120cmでスマホをポケットに入れて使うのにちょうどいい長さ。

一方で充電用のUSBは「C to A」ケーブルかつ、長さも25cmと短め。できれば昨今主流になりつつある「C to C」も付属してくれると汎用性が高まるかも知れません。

本体デザインと設計

ハードケースは仕切りがあって使いやすい

イヤーカップの角度調整範囲は約60°

装着時のポジション調整にも関わるイヤーカップの角度調整範囲は約60°、収納時にはヘッドバンド側へ約90°折れる仕様。

収納時は最小で14×14×9cmまでコンパクトにまとまります。(ケースポジションとは違います)

ギュッと握り込めば直径14cm程度に

ヘッドバンドサイズ調整幅は約5cm

サイズ調整幅は大体5cm

ヘッドバンド部分の調整幅は左右それぞれ3mmずつ最大約2.5cm、全体で5cm程度の伸縮が可能です。

一般的に男女差含む成人の頭のサイズの違いはおよそ4cmくらいのようですので、調整幅としては充分なはず。(参考:日本人頭部寸法データベース|人工知能研究センター)

イヤーパットは低反発で抜群のフィット感

「Soundcore Space Q45」のイヤーカップは、縫製のない一体型のレザー素材と低反発クッションによりとても柔らかいつけ心地

耳を包み込むようデザインはフィット感も高くノイキャンOFFの状態でも外部のノイズを最小限に抑えてくれます。

音漏れも少ないので静かな場所での使用にも向いてそう。

ボタンレイアウトと操作方法

本体のボタンレイアウトと端子は以下の通りです。

右側には再生/停止ボタンと音量調整ボタンを配置
左側には電源ボタンとノイキャン切り替えボタンを配置

それぞれのボタンの配置幅も広く、少し出っ張っているので指の触感だけで操作が可能です。

「Space Q45」本体ボタンの操作方法
コンテンツ再生 / 一時停止 を1回押す
次へ を2秒間長押し
戻る を2秒間長押し
音量アップ / ダウン を一回押す
着信 / 通話着信に応答 / 通話を終了 を1回押す
着信を拒否 を2秒間長押し
マイクのミュート / 解除 を2秒間長押し
音声アシスタント起動 を2回押す

その他の操作方法や初期設定については以下リンク先のユーザーマニュアルより確認してください。

「Soundcore Space Q45」おすすめポイント

それでは「Space Q45」のおすすめポイントについて実際に使ってみた感想も含め解説していきます。

「Space Q45」のおすすめポイント
  • フラットでクリアなクセのない音質
  • ノイキャン性能が高くレベル調整も可能
  • スタイリッシュで高級感のあるデザイン
  • 複数デバイス間で切り替えなしで使える
  • 内蔵マイクでハンズフリー通話が可能
  • 再生可能時間が長く頻繁な充電が不要
  • 最強クラスのコスパの高さ

フラットでクリアなクセのない音質

「Soundcoreシリーズ」といえば、高音域が強調され中低音域が抑えられたいわゆる「ドンシャリヘッドホン」と言われていましたが、「Space Q45」では低域が強化され、よりボーカルやベース音などが聴きやすくなった印象です。

カナちひ

音質に関しては好みの問題で良し悪しの評価は難しいですが、同価格帯のヘッドホンと聴き比べて悪い印象は感じないはず。個人的には癖がなくクリアで聴きやすい音質だと思います。

またLDACに対応しているので、ワイヤレス接続でも原曲に近いハイレゾ音源を楽しむことができます。(iOSには非対応

普段からAirPodsなどで音楽やコンテンツを視聴しているライトユーザーであれば「音に不満」を感じることはないと思います。(そもそも音質にこだわる人はワイヤレスヘッドホンでは満足できないでしょうし、この価格帯の商品は候補に入らないかも?)

ノイキャン性能が高くレベル調整も可能

ノイキャン性能も前作より強化されており、街中の喧騒や地下鉄車内等の騒音レベルに合わせ外音を最適に抑えてくれます。(僕は普段AirPods Proを使っていますがそれと同程度の印象)

ノイキャン使用時の特有の圧迫感はありますが、カナル型と違い耳とスピーカーの間に空間が存在するためかイヤホンほどの違和感はありません。気になる場合は「soundcore」アプリで、5段階の強度から調整可能。

ノイズキャンセリングモード
外音取り込みモード

また外音取込みモードも同様に5段階で調整でき、会話や移動など状況に合わせて安全に音楽を楽しむことができます。

スタイリッシュで高級感のあるデザイン

“d”のマークのモチーフは”♪”から?

「Soundcore Space Q45」のデザインは統一色でシンプルながらも、素材質感や控えめなロゴをアクセントにスタイリッシュな外観に仕上がっています。

全体的な表面素材はプラスチックのようですが、光沢のある素材とマットな素材の組み合わせや、ヘッドバンド部分のヘアライン加工などとても高級感があります。

カラーバリエーションも、ブラック、ホワイト、ネイビーの3色から好みに合わせて選べる点も◎。

カナちひ

指紋が目立ちにくい表面加工で汚くなりにくいのも嬉しいポイント!

複数のデバイス間で切り替えなしで使える

「Space Q45」はマルチポイント機能に対応していて、iPhoneとMacBookなど異なるデバイス間でもBluetooth接続を切り替えることなくシームレスに使えます。(同時に接続できるのは2台まで)

初期設定も簡単で、1台の機器に接続されている状態で電源ボタンを 2 回押して別の機器とペアリングするだけ。

STEP
1台目とペアリング

「Soundcore Space Q45」を1台目のデバイスとペアリング。

STEP
本体の電源ボタンを2回押す

電源ボタンを2回押すと再びペアリングモードに入りLEDインジケーターが青く点滅。

STEP
2台目のデバイスをペアリング

2台目のデバイスのBluetooth接続一覧から、Soundcore Space Q45を選択。ペアリング後、LEDインジケータが3秒間青く点灯しその後消灯。

内蔵マイクでハンズフリー通話が可能

「Space Q45」にはマイクが内蔵(イヤーカップのR側の側面)されており、ハンズフリーでの通話が可能です。

着信時にわざわざヘッドホンを外す必要がなく、ノイキャンのお陰で喧騒の中でも相手の声が聞きやすい反面、自分の声のボリュームが分からずついつい大声になりがちなのはご愛嬌。

再生可能時間が長く頻繁な充電が不要

最大65時間の再生可能時間は、他のハイクラスなワイヤレスヘッドホンと比較してもかなり優位です。

製品名Soundcore  Space Q45Apple AirPods MaxWH-1000X M5
メーカー AnkerAppleSONY
商品画像
再生可能時間最大65時間非公開最大40時間
ノイキャン再生時間最大50時間最大20時間最大30時間
充電時間約2時間
5分充電で4時間使用可
非公開約3.5時間
3分充電で3時間使用可
急速充電
価格¥14,990¥81,374¥51,000
商品情報商品リンク商品リンク商品リンク
※記載価格は2023.04.30現在のAmazon価格

「Space Q45」の連続使用時間
・最大65時間 (通常再生時)
・最大50時間 (ノイキャンモード使用時)
・最大45時間 (LDAC使用時)
・最大37時間 (LDAC使用かつノイキャンモード使用時)

1日中音楽を聴きっぱなしでも1週間以上バッテリーが持つので旅行中にも安心ですし、充電頻度が減ること自体楽でいいですよね!

Anker
¥4,990 (2024/05/13 14:55時点 | Amazon調べ)

最強クラスのコスパの高さ

「Soundcoreシリーズ」の中では一番高額とはいえ、これだけの性能で15,000円以下という価格はやはり魅力です。

価格と性能のバランスでいうと1万円を切る「Life Q30」や「Life Q20+」の方がコスパでは上かも知れませんが、長く使うものですし、妥協して買うくらいなら僕には「Space Q45」をお勧めします。

soundcore
¥14,990 (2024/05/17 20:17時点 | Amazon調べ)

「Soundcore Space Q45」の残念なポイント

基本的には満足度の高い商品ですが、少し気になる点もありますので3つほど紹介します。

「Space Q45」の残念なポイント
  • 少し重さがあり長時間だと首が疲れる
  • ヘッド部分のクッション性がやや低い
  • コスパだけなら下位モデルの方が優位

少し重さがあり長時間だと首が疲れる

引用:photoAC

「Space Q45」の重量は295gと、ワイヤレスヘッドホンとしてはやや重めです。(例えばSONYの「WH-1000X M5」は250g)

家の中で座って使う分にはさほど気になりませんが、特に外出先で使う場合は歩く際の振動で徐々に首に負担を感じてきます。

数十グラム程度の重さの違いでどこまで変わるかは分かりませんが、携帯性の意味でも軽いに越したことはないのでマイナスポイントとしています。

ヘッド部分のクッション性がやや低い

僕自身はそれほど気にならないのですが、購入者レビューなどでヘッドバンド部分のクッションが薄いとのコメントが見られますので一応紹介しておきます。

実際、僕もこのレビュー記事のために少し気にして使っていたのですが、クッション自体のボリューム不足というよりポジションの問題かも知れません。(内部に凸型のアーム入っておりポジションが悪いと頭頂部に当たる感じ)

カナちひ

ヘッドバンドの長さやイヤーパッドの角度を調整して、3点で重さを分散するように意識して装着時すると頭部の負担が軽減できるはずです。

コスパだけなら下位モデルの方が優位

メリットの解説でも少し触れましたが、コスパで言うなら1万円以下の「Life Q30」や「Life Q20+」の方が優秀です。

理由として、両モデルと「Space Q45」の大きな機能的な違いは、急速充電とLDACコーデックの対応有無程度のため、その点が気にならない or そもそもiPhoneでLDACに対応していないと言う場合は、コスパを重視してそちらのモデルを選ぶ手もあります。

ただ「Space Q45」の14,990円でも充分コスパは高いので、何を優先するかしっかり検討して決めて貰えば幸いです。

まとめ

引用:pexels.com

さて今回はコスパ的にも超おすすめなワイヤレスノイキャンヘッドホン「Anker Soundcore Space Q45」についてまとめてみました。

改めて「Space Q45」メリットとデメリットを比較してみると以下の通り。

メリット
  • フラットでクセのない音質
  • ノイキャン性能が高く調整も可能
  • スタイリッシュで高級感がある意匠
  • 複数デバイスでシームレスに使える
  • ハンズフリー通話が可能
  • 再生可能時間が長い
  • 最強クラスのコスパの高さ
デメリット
  • 重さがあり長時間だと首が疲れる
  • ヘッド部分のクッション性が低い
  • コスパだけなら他の選択肢もある

確かに性能や音質を突き詰めるとハイクラスのヘッドホンには及ばない知れませんが、少なくともiPhoneで音楽や映像コンテンツを楽しむライトユーザーであればきっと満足いくはず。

カナちひ

実際僕も家では「AirPods Pro」でなく、この「Space Q45」をメインに使っていますよ!

コスパの良いワイヤレスノイキャンヘッドホンをお探しであれば是非有力候補の一つとして検討いただければ幸いです。

soundcore
¥14,990 (2024/05/17 20:17時点 | Amazon調べ)

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次