ヴィーガンレザーのMagSafe対応iPhoneスタンド『Satechi マグネット ウォレット スタンド』がおしゃれ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

iPhoneでの支払いはかざすだけで使えるApple Payや交通系ICカードが便利ですが、さすがにあらゆる支払いに対応できるわけではなく、いまだクレジットカードと併用している人も多いのではないでしょうか。

そんなニーズからApple純正のMagSafe対応レザーウォレットを選ぶ人も多いと思いますが、今回紹介する商品はそこにスタンド機能をプラスした新商品『Satechi マグネットウォレットスタンド』。

ヴィーガンレザーを採用した美しいウォレットで、iPhoneを立て掛けて使うこともできる便利な商品です。

と、まあ実際ここまでは割と良くある仕様なのですが、特筆すべきはその品質とデザイン。さすがはSatechi製という素晴らしいクオリティで、とても良くできたプロダクトになっているので、その魅力の一端を紹介したいと思います。

  • カード4枚の収納が可能
  • 縦にも横にも無段階の調整できるスタンド
  • 汚れや傷に強いヴィーガンレザーを採用
  • おしゃれで美しいデザイン
2023年10月24日発売

この記事はメーカーさんから商品提供を受けて執筆していますが、記載内容については一切の誇張や忖度なく僕自身が実際に使ってみた感想と見解を正直にまとめています。

目次

おしゃれで使いやすいMagSafe対応ウォレットスタンド

僕は普段からあまり物を持ち歩かないタイプなので、パンツのポケットにiPhoneと財布を入れて出歩くことが多いのですが、この商品を手にしてからはついに財布さえも持たないスタイルが定着しました。

カナちひ

このウォレットに免許証と保険証、クレジットカード2枚(仕事用とプライベート用)を収納すれば、日常生活ではほぼ財布は不要です。

さらにスマホスタンドにもなるので出先でのちょっと休憩タイムでも、両手をふさがず見やすい角度で動画が楽しめるという『Satechi マグネットウォレットスタンド』は、先日2023年10月24日に発売されたばかりの新商品。

高級感のあるしっとりとした風合いの表面素材には、傷や汚れに強いヴィーガンレザーを採用。手触りも良く、程よい重さと丁寧な作りで手に馴染み、所有欲も満たしてくれます。

またMagSafe規格に準拠しているので取り付け位置がズレることがなく、スタンドとしての安定性もきちんと担保。5,999円という価格はちょっと高めに感じるかも知れませんが、実際に手に取ってみると充分に納得できる品質です。

商品の特徴や機能性についてはこのあともう少し詳しく紹介します。

パッケージや商品の外観

Satechiの商品はあまり店頭では見かけないためご存知ない方も多いかも知れませんが、パッケージ表記は全て英語。(ユーザーマニュアルは日本語にも対応しています)

外箱。内箱共に紙製でエコ。Satechiの商品は大体こんな感じの包装がされています。

取り出してみると薄さの割に結構重さがあります。素材は硬めで、特にマグネット側は多少力を入れても曲がらないくらいの強度。

質感は”いかにも本革”という感じではありませんが、安っぽいフェイクレザーではなくしっとりとした手触りで高級感あり。MagSafeマークの部分だけ光沢加工がされています。匂いは特になし。

中綴じ部分のヒンジは金属製で、そこそこトルクがあり勝手に開いてしまうようなことはありません。

サイズやカラーバリエーション

カラーバリエーションは、ブラック/ダークブルー/ブラウン/オレンジの4色展開。いずれも落ち着いたカラーでチタン製のiPhone15Proにも良く合いそうです。

サイズ:105mm x 66mm x 9.5mm (84.5g)

カナちひ

Amazonではまだダークブルーの販売は開始されていないため、欲しい場合はSatechi公式ストアで購入しましょう。
※2023年11月11日現在

ウォレットスタンドの機能性

このウォレットスタンドを実際に使ってみると、見た目だけで分からないSatechiならではのこだわりに気付きます。今回は個人的に特に良いと思った点を4つほど紹介します。

使ってみて良かったポイント
  • カードが4枚も入る収納力
  • 縦にも横にも無段階に角度調整可能なスタンド
  • ケースの上からでもくっつくマグネット強度
  • 高品質で細かいところまで丁寧な作り

カードが4枚も入る収納力

薄型設計ですがカード4枚が入る収納力が備わっているので、都市圏であれば充分財布代わりになるはずです。

普段使いであれば、運転免許証と健康保険証、クレジットカードの3枚で事足りそうですが、もう1枚入るので会員証やポイントカードなどを入れても良いかも知れません。

僕はこの4枚があれば財布は不要

おそらく実際に現物をみると「え、これカード4枚も入る?」と訝しんでしまうかも知れませんが、以下の写真のように「表に3枚・内側に1枚」がしっかりと収納できます。

表ポケットに入れたカードは内側からも確認することができるので、身分証明証や入館証などを入れると便利かも。

ちなみにこの小窓はポケット手前のカードをスムーズに取り出す役割もあります。

縦にも横にも無段階に調整可能なスタンド

強めのマグネットとMagSafeのおかげで正しい位置に取り付けられ、スタンドとしての安定感も抜群。

状況に応じてiPhoneを回転させることで、縦にも横にも使うことができます。

角度調整のための金属のトルクヒンジがかなりしっかりしていて、最大160°までの見やすい位置にピタリと固定可能

構造が分からないので何ともいえませんが、締め直すためのネジなどはなく開閉を繰り返すことで緩くならないかは少し気になります。

開く範囲は安定感を考えると30°〜150°が実用範囲。構造上、高さ自体を変えることはできません。

カナちひ

両手を塞がずどこでも自然な姿勢で動画視聴ができるのは、控えめに言って最&高!

ケースの上からでもくっつくマグネット強度

採用しているマグネットは結構強力で、薄いものならケースの上からでもしっかり貼り付きます。

多少ゆすっても大丈夫

あまり写真のような持ち方はしないと思いますが、僕は普段iPhoneをポケットに入れているので取り出す時に簡単に外れないというのは結構重要なポイントです。

高品質で細かいところまで丁寧な作り

表面素材のヴィーガンレザーは汚れや傷に強く、多少爪で引っ掻いたくらいでは傷になりません。また水が浸透しないので腐食にも強く長持ちしそうです。

目が細かく凹凸も均等で本革には見えませんが、近い風合いで高級感もあります。

またカット部分の加工や縫製もとても丁寧。さりげないロゴの刻印やファブリック素材の裏生地の配色も完璧で、シンプルながらも”美しい”という表現がぴったりのプロダクトに仕上がっています。

ちょっと気になる点

続いて僕が少し気になった点を2つほど紹介します。

使ってみて気になったポイント
  • ちょっと重い
  • ポケットの中で邪魔になる

ちょっと重い

ウォレットスタンド本体の重量はおよそ84g。僕が使っているiPhone14Proと合わせると合計で約290gと、それなりの重さになります。

もちろん別で財布を持つことを考えると遥かに手軽だけど、それはそれとしてやっぱりちょっと重い。

公称の84.5gと差異はない
持ってて疲れるというレベルではないけど・・・

ポケットの中で邪魔になる

iPhoneをバッグに入れて持ち歩く人は気にならないと思いますが、ポケットに入れると厚みよりも凹凸が増えることで少し邪魔に感じます。(利便性を考えると些末な問題だけど)

ウォレットの厚みは9.5mm

またポケットから取り出す際にウォレットを掴んで引っ張り出すのはさすがに危険です。ポケット派の人は注意しましょう。

まとめ

この記事ではスマホスタンドにもなるおしゃれなウォレット『Satechi マグネットウォレットスタンド』を紹介してみました。

僕自身、iPhoneは裸で持ちたいタイプなのであまりこういう商品を使ったことがなかったのですが、実際に試してみるとなるほど便利でとても使いやすい商品だと感じました。

カナちひ

完全にキャッシュレスで問題ない環境であれば、一番合理的に財布から脱却できるアイテムかも知れません!

スタンド単体としても高い機能性も持つ商品なので気になっている人は是非ゲットしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次