\ ポイント最大9倍! /

超オシャレなMac用キーボード「SATECHI Slim X3 」レビュー|US配列&テンキー付きでおすすめ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

デスクワーク時の姿勢改善や肩こり対策としてPCスタンドを使う人も多いと思いますが、作業効率を考えると使いやすいキーボード選択も重要です。

Macユーザーであればまず選択肢に上がるのが「Magic Keyboard」だと思いますが、テンキー付きモデルだと2万円を超えるし、かと言ってあまりチープなキーボードだと実用性が心配だったり、デザインも大事にしたい。

そんなわがままなニーズに答えてくれるのが、今回紹介する「SATECHI Slim X3 Bluetooth Backlit Keyboard」。

カナちひ

SATECHIらしいデザイン性の高さはもちろんのこと、MacBookのキーボードに近い打鍵感やキーピッチで違和感を感じず、生産性を損いませんよ。

SATECHI Slim X3 Bluetooth Backlit Keyboard
総合評価
( 4 )
メリット
  • Macと親和性の高い美しいデザイン
  • 作業性の高いテンキー付き3ゾーン設計
  • 4台まで接続できるマルチペアリング機能
  • 10段階に調整可能なバックライト
  • 安心の18ヶ月保証
デメリット
  • JIS配列(日本語)に非対応
  • ちょっとお高めな価格

この記事では実際に導入してみて感じた使用感や商品の特徴、気になるポイントなどを丁寧に解説していきます。

Satechi
¥11,599 (2024/04/16 09:27時点 | Amazon調べ)
目次

SATECHI Slim X3 キーボード の商品概要

動画引用:satechi.net

商品スペック

「SATECHI Slim X3 キーボード」のスペックについて、同シリーズからテンキー無しの「Slim X1」および Apple純正キーボードとの比較も含め見ていきましょう。

商品名Slim X3Slim X1Magic Keyboard
( テンキー付き )
Magic Keyboard
( テンキー無し )
画像
メーカーSatechiApple
カラーシルバー|スペースグレイシルバー
キー配列US配列JIS配列|US配列
テンキー有無
キースイッチ方式シザー構造シザー構造シザー構造シザー構造
バックライト
充電端子USB-CLightning
マルチペアリング◯(4台)◯(3台)
対応デバイスMacBook Pro/Air/M1/M2, Mac Mini2018以降, iMac, iPad, iPhone 14, 13, 12, 11, X など2012以降のMacデバイス(2011以前のMacデバイスには非対応)AppleシリコンとmacOS 11.3以降を搭載したMaciPadOS 14.5以降を搭載したiPadiOS 14.5以降を搭載したiPhoneとiPod touch
Touch ID対応モデルあり
サイズ42.3 x 11.4 x 1.1 cm30.3 x 14.8 x 3.7 cm41.9 x 11.5 x 1.1 cm27.9 x 11.5 x 1.1 cm
重量420 g290 g369g239g
メーカー保証18ヶ月12ヶ月
実勢価格¥11,599¥9,499¥24,758¥13,242
詳細情報商品リンク商品リンク商品リンク商品リンク
※実績価格は2023年8月6日現在のAmazon価格
カナちひ

SATECHI Slim X3 とMagic Keyboardを比較してそれぞれの強みを整理するとおよそ以下の感じになりますね。

Slim X3 が有利な点
  • スペースグレイのラインナップ
  • バックライト付き
  • USB-C充電端子
  • マルチペアリング機能
  • メーカー保証
  • 価格
Magic Keyboard が有利な点
  • JIS(日本語)配列が選択可能
  • Touch ID 対応モデルあり
  • やや小型&軽量

いずれの製品もそれぞれの強みがあり何を優先するかで選択肢も変わってきますが、必ずしも純正に拘らないという考えであれば、「SATECHI Slim X3 キーボード」を選ぶメリットも多いにあると感じます。

商品パッケージと同梱品

「SATECHI Slim X3 キーボード」の商品パッケージと同梱品を紹介します。

商品パッケージ

化粧箱自体はサラッとした質感ですが、印刷部分のみ光沢があって「いいものが入ってる感」がありますね。

化粧箱はサラッとした質感で意外とシンプル

黒い内箱を開けるとビニール包まれた美しいキーボードが。どこかApple製品の開封時の感覚に近い感動がある、かも。

しっかりとした内箱で商品をガッチリ保護

同梱品

同梱品は 充電用のUSB-C to Cケーブル(長さ120cm)と、任意でキーボードに角度を付けるためのゴム脚が付属。

USB-C to Cケーブルは何本あってもありがたい

クイックガイドも付属していますが日本語に対応していないため、必要に応じてこちらから確認してください。

商品デザインとサイズ感

「SATECHI Slim X3 キーボード」のデザインやサイズ感を見ていきましょう。

商品デザイン

デザインについては Magic Keyboard と比較してコーナーに丸みがなく、よりシャープな印象です。

3ゾーンに分割され整然と並ぶキー配置
カナちひ

フルサイズのキーボードらしい整然と並ぶキー配置と、高級感のあるアルミの素材が美しい!

13インチの MacBook Air の前にセットするとやや横に長い感じ否めませんが、左のゾーンのキー配列幅はMBAと全く同じ27.4mmなので、違和感がなく普段の感覚のまま使えます。

シルバーだともっと馴染むかも!

サイズ感やスイッチ類など

「SATECHI Slim X3 キーボード」は最厚部で1.1cmと薄くサイズの割に圧迫感がありません。(付属の半円形のゴム足を装着しても2cm弱程度)

また底面に薄いゴム足が配置されているので、デスク上で滑ることもなく安定感のあるタイピングができそう。

最厚部でもM1 MBAよりちょっと薄い11mm

重さの実測値はカタログ値より少し重い436g。

3ゾーンのフルサイズキーボードを持ち歩くことはあまりないはずだし、安定性の意味では少し重いくらいの方が良さそうなので、個人的にはあまり気になるところでありません。

\ 持ち歩くならこっちがおすすめ! /

Satechi
¥9,499 (2024/04/12 16:20時点 | Amazon調べ)

電源スイッチと充電用のUSB-Cポートは奥側の長側面に配置されています。(Magic Keyboard と見た目がそっくり)

各デバイスとのペアリングは後述しますが、キーボードの のみで簡単に設定可能です。

キータッチや使用感

タイピングした感覚ではキーストローク(押し込み幅)が少しだけMacより深く、打鍵感もやや強め。(タイピング音は控えめ)

キー自体の触り心地もMacBookのキーボードに近いサラッとした質感ですが、使っているとテカリが出そう・・・。

キーストロークは浅すぎず深すぎずといった感じ
カナちひ

F/J/5」3キーのブラインドタッチ用の突起はMacより少し大きめで認識しやすく、早打ちにも向いてそう。

SATECHI Slim X3 キーボード おすすめポイント

引用:Pexels.com

改めて僕が感じた「SATECHI Slim X3 キーボード」の魅力とおすすめのポイントは以下の5点。

商品のおすすめポイント
  • Macと親和性の高い美しいデザイン
  • 作業性の高いテンキー付き3ゾーン設計
  • 4台まで接続できるマルチペアリング機能
  • 10段階に調整可能なバックライト
  • 安心の18ヶ月保証

Macと親和性の高い美しいデザイン

SATECHIの製品といえばMacとの親和性を追求した美しいデザインが魅力ですが「Slim X3 キーボード」も細部までこだわった高級感のある作りが素晴らしいです。

キーボードとマウスがSatechi商品
さすがにiPadに合わせるには大袈裟かも
カナちひ

機能性はもちろんだけど、見た目にもこだわりたいというMacユーザーにおすすめしたいキーボードです!

作業性の高いテンキー付き3ゾーン設計

経理作業など数字の打ち込みが多い時に便利なテンキーとフルサイズで使いやすい十字ボタンが一体となった「Slim X3 キーボード」は、あらゆる用途に1台で対応できる点が強みです。

MacにもWindowsにも対応可能な汎用性が◎

また用途に合わせて必要なキーゾーンのみから商品を選べるのも同シリーズの魅力。

Satechi Slim X シリーズラインナップ
カナちひ

「出来るだけコンパクトな方がいいけど、たまにテンキーもあると便利」という人なら❶と❹を組み合わせてもいいかも!

Satechi
¥5,399 (2024/04/14 05:33時点 | Amazon調べ)

4台まで接続できるマルチペアリング機能

MacとWindowsや、iPadなど複数のデバイスで使いたい時にメチャクチャ便利なのがマルチペアリング機能です。

引用:Satechi.net

あらかじめテンキーゾーンの最上部に配置された / / / キーに、それぞれのデバイスをペアリングしておくことで、以降はこのキーを押すだけでワンタッチで接続先を切り替えることができます

接続先は1〜4のキーの点灯で確認可能
参考|MacBookとのペアリング方法
STEP
キーボードの電源をオン
緑がON、赤がOFF
STEP
任意の キーを3秒以上長押し
接続したいキーを3秒以上長押し

バックライトが点滅したらキーボード側の準備は完了です。

STEP
MacのBluetooth設定で「Slim X3 Keyboard」に接続
> システム環境設定 > Bluetooth
STEP
ペアリング完了

/ / / キーにそれぞれのデバイスを割り当てることで、接続先を簡単に切り替えられます。

10段階に調整可能なバックライト

バックライトは☀︎キーで10段階の明るさ調整が可能。

白一色で上品なバックライト

Apple純正の Magic Mouse にはバックライトが装備されていないため、ここはしっかり差別化できる部分です。

カナちひ

バックライトのカラーは白一色ですが、文字部分も光るので視認性がよく薄暗い環境でも問題なくタイピングできます。

安心の18ヶ月保証

Satechiの「Slim X キーボード」シリーズはメーカーによる18ヶ月の製品保証が付帯されています。

同キーボードのキースイッチ方式であるシザーアームは一旦外れると再装着ができないため、長期保証は嬉しいポイントです。(Magic Mouse も同じ方式)

保証があるとは言え、あまりキーを強く叩かないように気をつけましょう。

SATECHI Slim X3 キーボード 気になったポイント

引用:Pexels.com

個人的にも非常に気に入っているキーボードですが、気になる点もあるので紹介します。

商品の気になったポイント
  • JIS配列(日本語)に非対応
  • 価格はちょっとお高め

JIS配列(日本語)に非対応

個人的には欲しかったのが、JIS(日本語)配列のラインナップ

スッキリしたデザインや、中央寄りの文字キー配置による作業性を優先して、あえてUS配列のキーボードを使う人もいるとは思いますが、多くの日本人にとっては慣れ親しんだ日本語のJIS配列の方が使いやすいはず。

カナちひ

慣れれば問題ありませんが、例えば日本語切り替えの際には^+スペースの同時押し、など脳内変換が必要です。

メカニカルキーボードと違いキー配列のカスタマイズもできないので、できればUS/JISの選択ができれば良かったと思います。

価格はちょっとお高め

キーボードは数千円で買えるものから数万円のものまで価格もピンキリ。Slim X3の品質を考えると決して高くはないのですが、一般論として1万円を超えるキーボードは高価と感じる人も多いと思います。

引用:Pexels.com

とは言え、Apple純正のフルサイズキーボードの半額というのは充分なコスパなので「ちょっとだけ良いキーボード買っちゃった!」というモチベーションに繋がれば、少なくとも無駄にはならないはずです。

\ コスパで選ぶならこちらもおすすめ! /

まとめ

さて今回はMacとの親和性の高さが魅力の「SATECHI Slim X3 Bluetooth Backlit Keyboard」について、まとめてみました。

メリットとデメリットをおさらい
  • Macと親和性の高い美しいデザイン
  • 作業性の高いテンキー付き3ゾーン設計
  • 4台まで接続できるマルチペアリング機能
  • 10段階に調整可能なバックライト
  • 安心の18ヶ月保証
  • JIS配列(日本語)に非対応
  • ちょっとお高めな価格

改めてApple純正の「Magic Keyboard」と比較しても見劣りする部分はなく、むしろメリットの方が多いというのが僕の正直な感想です。(キー配列だけは注意!)

カナちひ

確かにちょっと価格はお高めですが、それに見合う素晴らしい品質のキーボードなので買って後悔はしないはず!です。

Satechi
¥11,599 (2024/04/16 09:27時点 | Amazon調べ)

コトノハブログでは他にもおすすめのSatechi商品を紹介しています!気になる商品があったら是非チェックしてみてくださいね。

それでは!

\ おすすめの最新MacBookアクセサリを紹介してます! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次